倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2009年06月28日(日)

豊年エビがわいた??? [屋上農園(空畑)]

画像(240x180)・拡大画像(800x600)
画像(90x120)・拡大画像(600x800)

2年前まで水田だった畑の土を入れたら1週間で豊年エビが湧いてきました
3匹確認できた かわい???
で、とりあえず、田植えをしてみる
杉・五兵衛さんのところからわけてもらった黒米

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 17時33分

2009年06月27日(土)

生駒山に登る [倭月愛々]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

難波宮から平城京を直線で結ぶ暗越(くらがりごえ)街道(国道308号線)が玉造を通っているので、前々から気になっていた暗峠を登ることに
鶴橋から枚岡までは近鉄で20分 近いなぁ

今回のルートはこんな感じで暗峠までのぼりそこから山頂経由で奈良側へ下りてまた暗峠を超えるという強行軍

画像(90x120)・拡大画像(480x640)

登山鉄道のような勾配を上がる途中にある枚岡駅降りると目の前に枚岡神社
梅林が素敵  
春日大社にここから分柱したから元春日と呼ばれる

画像(90x120)・拡大画像(480x640)

この裏手の山をのぼる
けっっこうきつい 胸突き八丁が続く
登りきると、平らな丘がありそこにぽっかりと神津嶽と呼ばれる小山
そこに枚岡神社の本宮がある
この小山への道が気持ちいい

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

そこからさらに登るととつぜん棚田が現れる
向こうに走っているのが暗越です

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

見えていた暗越です
ここは国道(酷道)マニアには有名な場所です
車一台がギリギリ通れる細い道
言われないと国道とは思えません

画像(90x120)・拡大画像(480x640)

酷道308線は峠のところで石畳となり、峠の茶屋あり
民家が並び寂しさも無く、ちょっと拍子抜けした感じ
この茶屋のかき氷うまい 自家製カレー仕込んでいたが、これはきっと美味いと思う

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

暗峠からさらに標高差200m2キロ歩くと生駒山山頂
これだけの霊山そして神南備山の頂上が遊園地
登って来たハイカーと能天気なファミリーが混在する不思議な画
てか、これはあまりにもひどいねぇ

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

山頂から急な道をおりると旧鶴林寺に出ます
ここがやばかった
境内の一角に石群があり不思議な風の吹いている気持ちのいい場所が会った
眺めても気持ちよし あの中に入ってもよし
来てよかった ありがとうな場所です

役行者絡みの霊場 この一帯地名も鬼がつきます

画像(90x120)・拡大画像(480x640)

そこから沢筋の道と言えるのかぎりぎりのところを進むと谷間にちょっと一癖ありそうな畑がぽつりぽつり
とつぜん、車が溢れてる店が現れる YAMAOKA PIZZA 
予約無しでは食べられないとのこと
そこからさらに下りたスリランカカレーラッキーガーデン

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

車が無いと不便だし、わざわざこの山の中までたくさんの客を引っ張ってくるだけのことはある
気持ちのいい野菜ととってもおいしいカレーと美味しい景色&生駒の空気

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

山羊と羊がいたりします
けっこう広いレストランとこいつらの居るカフェエリア
家族で来ても、デートできてもおいしい感じがにくい
僕らは小汚いハイカーモードなので若干浮いてましたね

画像(90x120)・拡大画像(480x640)

再び標高差200mの暗峠を目指す
かなたまで道が続く

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

途中から棚田が現れて、その美しいさまに登りのつらさが多少割り引かれた
この一帯、一癖二癖ありそうな畑やら地飼いの養鶏場やうどん屋、カフェなどが点在し、ピザ屋からこのあたり一帯がなんか引き寄せる場所なんだろうなと感じる

画像(90x120)・拡大画像(480x640)

それにしても、生駒はすごい
二人ともありえないほど元気
しかも、登って行けば行くほど、エネルギーが湧いてくる
普通は一度下りた山に登り返そうなんて思えないはずなのに
ためらいも無く再び登った

峠を越えて、山を下りる半ばの枚岡展望台でしばし休憩
大阪湾に広がるガスに高層ビルがシルエットされて不思議な夕景 その向こうの淡路島もいい感じ
銭湯で汗を流して帰る

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 22時26分

2009年06月23日(火)

風人の家

画像(240x180)・拡大画像(800x600)

ことしの春に結婚式でご一緒した西表島の山下夫妻のツアーサービスのページに南ぬ風人まーちゃんというアーチストのリンクがあった
あーこれが話に出て来たお兄さんなんだと
それから暫くして、mixiの八重山コミュニティでまーちゃんがイベントの告知をしていた
そこからうすく繋がっていた
広島から戻って、原爆のことちょっと考えたりしてたらもうすぐ沖縄慰霊の日
まーちゃんが沖縄慰霊の日にライブをするという日記
明日かよだったんだけど、なんとか時間やりくりして出かける

やんばるの東村高江に建設されるヘリパッドの話
親代わりの叔父の形見として持ち帰ったくすぶりを福岡星野村で守り続けた山本さんの話 その火から灯されたキャンドル
まーちゃんのライブ 屋嘉節 てぃんさぐぬ花、、、、

なにかに反対を唱えるのではなく、ポジティブに平和を願う、伝える姿勢、行動
やりたいことがもぞもぞと湧いてきた
やふぁやふぁの風が吹く

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 19時20分

2009年06月22日(月)

沖縄慰霊の日 [倭月愛々]

NHK 沖縄慰霊の日特集 やばかった 
米軍上陸に日本軍陣地裏に逃げた島民が集団自決した渡嘉敷島 
軍の用意した手榴弾は多くが不発で身内同士で殺し合う地獄図 
生き残ったものは口を閉ざし生きてきた。。。。。。。。。
やっと語り始められた地獄の様はとてもじゃない想像できるものではなかった
虜囚の辱めを受けるなという軍国教育
米軍に捕らえられるとそれはそれはひどい殺され方をするというミスリード
殺してくれと懇願する女子
家族・友人を殺し自決していくもの
色々な事情で生き残ったものはそれはそれで生き地獄
一方的に殺された広島はまだ幸せなのかもしれないと不謹慎なことを思う

土曜日に広島に日帰りで祖父の墓参りと原爆で行方不明の叔父の慰霊に行ってきた
原爆ドームをバックに原爆死没者慰霊碑の前で記念写真を撮る団体旅行の集団
なんか違和感おぼえた

何年か前に西表島の白浜に泊まりシーカヤックやったときに、小さな浜に転がっていた可愛い瓶を持ち帰ろうとしたら、向かいの島(内離島)の炭坑で働いていた人のものかもしれないからやめた方が良いよと
念がこもってるかもしれないからと教えられる
西表炭坑のひどい歴史について知らずに無邪気にはしゃいでいた自分

知らぬが仏じゃすまない

23日は沖縄慰霊の日

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時31分

2009年06月21日(日)

お大師さん縁日@四天王寺 [倭月愛々 鶴橋]

画像(180x240)・拡大画像(600x800)
画像(90x120)・拡大画像(600x800)

嫁とゆきちゃん@コニタン嫁とちるちる姉が、毎月恒例お大師さんの縁日(弘法大師の命日)に着物と布を買いに行くというので散歩がてら合流
女子の物欲ハンターモードは端から見ていて楽しい
何時間も飽きずに漁りまくる
レコ屋巡りしてた僕も昔はこの一味だったんですね(笑)

ときおり雨降る日だったんで、かなりの買い手市場だったが、
僕はもっぱら人間ウォッチングですませる

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 17時34分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2009

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.