倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2009年02月28日(土)

エフスタイル 亀田縞 [倭月愛々]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

嫁の昔の取材先のひとつエフスタイル@新潟の二人が神戸に出張るということでvivo,vaへ向かう
シンプルな素の籐バスケットにちょっと心動いたけど、微妙にサイズが大きかったので保留
前から嫁が使っていて良い雰囲気だったバック仕立ての風呂敷の別柄を
亀田縞というローカル綿布 一目惚れ
亀田製菓の新潟亀田の農夫たちの織物
これならスーツにも合います
おす!
vivo,vaの店主ナイスグルーヴ。お客さん付く心地よい店。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時00分

クスム本場家庭料理 [五穀六感 鶴橋]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

神戸に来たので以前から気になっていた店へ
普通のマンションの一室で、食すインド料理というネタで有名なようですので詳しくはそちら
マンションの前のハンター坂のかなり遠くからスパイスの香りが飛んでくる時点で期待大ですわ
エレベーターはかなりのスパイス臭でここの住人になりたいなぁと
料理はベジタリアン
サラダからはじまり
美味しいサモサ コリアンダーチャツネとタマリンドの甘いやつをつけてたべる
2つのカレーとダルスープにサモサ2枚とジャスミンライス(←うっかりしてたよ)バスマティライス
ダールの焦がしたクミンシードとタマネギ?がとっても美味しい
ジャスミンライスの香りとむちゃあいます
チャパティも未精製粉でこのさっぱりとしたカレー達にぴったり
最初に出てくる水とマンゴジュースはやばめ 日本じゃなければ危険信号ともる系(笑)

画像(120x90)・拡大画像(310x233)

締めのマサラティーは薄め(午後ティ並)
980円でおかわり自由でベジタリアンカレー楽しめてこの雰囲気、
しかも帰りに怪しいスパイス屋で買い物できますから
へビィローテーションになるでしょう
向かいのスパイス屋はお手軽価格です
なんといっても巨体の主がどっしりと店の奥に構え、マサラをミックスし、それを小柄な店員が手伝っている姿は、あ、やばいところに入った感あり

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時00分

和紙の田所商店 [倭月愛々]

画像(89x120)・拡大画像(233x311)

vivo,vaからの往き帰り道、三宮あたりをぶらりと散歩
神戸はかなりアウェーなのでなかなか新鮮
ふだん鶴橋界隈=寝間着モードな町なのでちょっと華やかで新鮮
(とは言ってもやはり不況の関西、着ている服が老若男女全体的にかなりお安いです)
南京町では、おっさんどもにイヤらしい目線を送りメタボのお茶ですよとささやくように話しかけるおばさまにぞっこん。
自然食の店でつかまり、美味しい醤油とマヨネーズなどを購入

三宮ももう佳境に入った三宮本通を歩いているとちょっとひかれるイーゼル看板
和紙!千代紙!
階段を上りますと手漉きの和紙を中心に見切れない種類の和紙和紙和紙

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

手もみ和紙もかなりある
しかもなかなかお安いです
なんとなくランクというか、値段でまとまってる感じで、
これ幕の内の包み?みたいな紙も触ってみると丈夫そうで、ミツマタだのコウゾが入ってるぞな感じ
こんな店近くにあったら楽しいのだが、、、、
営業時間も14時から18時ともうピンポイント
しかも週に4日
ポチ袋作りますなんていうと、もう来年の干支の虎が刷られたなかなか可愛いもの何色か持ってきてくれたり、お店の方は、しっかり商売してくれるので、なんか我々の言葉をヒントにあれやこれやをひっぱりだしてきてくれるので有り難い

私は、仏壇の後ろに貼るために鱗柄な三角のパターンの紙を

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時00分

玉造 中国厨房しゃんらん [五穀六感 鶴橋]

画像(240x195)・拡大画像(640x522)

で、夕飯は家に戻り近所新規開拓。
創華飯店かなと思ったが、時間が遅いので、やなもり農園のブログで名前が揚がっていたしゃんらんに行ってみる。
テーブル2つとカウンター。オーナー一人だけの店。
しかも、一品ごとのポーション小さく、なんでこんなストイックなコトするんだ!!!
とても志の高い店です。
それほどメニューは無いのですが、どれも頼んでも手際よく出てくるかつ旨い
とうぜん、火加減絶妙 野菜はしゃきっ!
穴子とネギの炒め物頼んだけど、辣油がとにかくうまいのよ
それで、
自慢の麻婆豆腐食べましたが、これは麻と辣の競演です!
ごはんいくらでも進みます
といいたかったんですが、、、、ごはん切れ
残念

でも、その前に食べた炒飯の旨いこと旨いこと
お米がたいへん弾力あっておいしかった
ほんとうにおいしかった
つぎは是非白米を食べてみたい

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時00分

2009年02月26日(木)

鶴橋かいわい [倭月愛々 鶴橋]

このところ大阪への客人が多いので
いちおうお勧めの店を共有しておきます

お好み焼き 成駒屋
焼肉 新楽井
オーガニック飯屋 サイファー
ハンバーグ クックドルフィン
韓国料理 順天
カフェ 伽奈泥庵
定食 ごはん屋とうちゃん
焼き鳥 正義の味方
イカ焼き 牧野
フルーツジュース 山口青果
ハンバーガー ANY's
中華料理 創華飯店
和カフェ こちかぜ

こちらの↓マイマップで共有して貰えます
google maps 鶴橋かいわい

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 15時56分

2009年02月21日(土)

声のワークショップ そして彌光庵 [倭月愛々]

京都で仕事があったついで、というか、なんとなく惹かれる感じがして徳久のワークショップへ参加することに
場所がまた下鴨神社の脇なんていう素敵な場所だったりするので、、、、
yugueという気配をちょっと消しながらひっそりとやっているカフェの2階の畳部屋を使う
ちょっと塾を思い出す感じ

内容はこんなかんじで、身体をゆるめて(特に肩胛骨あたり)から発声していく
そして身体を意識的に共鳴させる
あとは、発声法で巡る世界の旅ってかんじで、徳久先生が極上レアな音源を聴かせてくれつつ、まねをしてみる
ヨーデルの音源がやばかった
観光ヨーデルとはちがう何かがあった 震えが来た
イヌイットの喉歌遊びも音源だけでもなかなかやばかったんですが、
家に帰ってyoutubeで音源探すと凄いことになってます

結局、このワークショップで倍音が出るようなことはなく、やっぱりあかんかぁみたいなかんじだったけど、
呼吸法や身体の力を抜くことの大切さというところを違うアプローチから実感できたのが収穫
いきつけの整体@松戸に2月に一度くらいしか通えず、そのあたりをついつい忘れがち
というか、声出してるだけでトリップしてしまいふわふわしてくる
すかさず徳久先生に突っ込まれました

そして、僕に今足りないことが瞑想
忙しさにかまけて内向する時間をおろそかにしてますね
インプットとアウトプットのバランスが良くない
これ気付かせて貰った
ほんとうにありがとう

で、帰りしな、歩きながら得意の?デスメタル系発声をしていたら、ちょろっと倍音が交じる
おおおおお
調子乗って舌を色々と動かしてみると喉のビブラートが肺に反射して、顎に反射してなんとなく倍音が出てることが実感
忘れちゃならねぇとばかりに京阪電車の中でもこそっとやったり

で、帰りは彌光庵
もちろんみやこ御膳
相も変わらず五臓六腑から全身に拡がっていく、滋味の数々
昨日、今日と感じた春なバイブは毎年冬になるとダメダメな動物「ワキモトヒデシ」をそろそろ目覚めさせてくれる予感
そんな感じをなんとなく旅心を交えつつ、頭の中で妄想拡がる美味しい夜でした

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時42分

2009年02月20日(金)

関節の力が抜けていくライブ [倭月愛々]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

ロンドンのクラブ遊びから帰って夜遊びに再び火が付いた頃に知り合って、かれこれ10何年かの細く長い付き合いになる徳久くん てかkwt てかウィリアム
彼の活動のインフォメーションをもらうたびに、わくわくするんですわ。
でも、その多くがなんやかやの邪魔が入って行けずに涙。
彼の絡んでいるバンドの一つSUARASANAのツアーで関西に来ると言うことで珍しく手帳に気合いのスケジュール入れ。
やっぱり東京と違ってこの辺りの音に触れる機会が少ない気がする。
ちょっと身体が欲してる感じ。
でも予定の大阪公演には行けず、翌日の京都へ無理矢理走る。

徳久とは谷中のお寺でのオルティンドーの三枝さんとのそれはそれは素晴らしいライブ以来。3年半ぶり。
なんか、一方的に近況を知っているだけにひさしぶり感なし。

SUARASANAはガムラン兄さん2人ととインドの壺!を操る兄さんのリズム隊にベースと倍音兄さん2名というこりゃライブいかなきゃぁな構成。
さらにゲストにバリ舞踊の姉さん加わりもう盛りだくさん。
バリのポリリズムがずんずん引っ張っていくので、食傷気味のエスニック風音楽とは違う世界です。
リズムを半分でゆっくり拾って、裏で乗ると気持ちんよか。
だらしなく口を開けているとかすかに入ってくる倍音たちが肺の中を飛んでる。
軽くトリップしました。

ライブ後ガムラン兄さんにトロンポンを触らせて貰う
音叉でも鉦でも鈴でもいいのでちょっと気持ちを浄化するものがほしいなぁと思う今日この頃
壺の兄さんの壺っぷりも楽しい
壺だけで一部屋が埋まっているそうで、、、、、
こういう人好きです
http://ghatam.exblog.jp/i7/


そして、会場である木屋町にあるバリレストランHATI HATIのナシチャンプルーは絶品。値段はさておいて。
ウブドのパサール(市場)に夜が明ける頃にぶらぶらと出かけてはブンクス(テイクアウト)していたあの美味しい美味しい屋台たちのナシチャンプルー(定食)を思い出す。
日本のバリ料理ってリゾートホテルのレストランスタイルが基本だから、お高く気の抜けた味わいとは無縁の料理。
ナシチャンプルーがあることすら珍しく、それがまた美味いなんてことあんまりないんだよねぇ。
シンガポールのホーカーズの定食屋とか、ああいうのこそ美味しいのにほんと見ないよね。

ライブでガムランやらケチャのリズムに乗せられて心はバリへ向かってしまいました。
ありがとう徳久ウィリアム。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時07分

2009年02月12日(木)

たこフェリーとナポリピッツァ [五穀六感]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

姫路で仕事があるので、ちょっと前乗り気味に明石へ
魚の棚の田中酒店あかし魚笑買おうかな(でもお休みでした。。。。。。。。涙)とライター(とうよりイタリアンおたく)の井川さんおすすめのCIROでピザをなんて企み

画像(90x120)・拡大画像(480x640)

CIROははじめてですが、このオーナーが以前務めていたさくらぐみ@赤穂にはもう何年も前に訪問済み
しかし、ネット見ると予約しないとだめ 
前日に予約なんか取れない
ひょえぇ?????
じゃぁどうすんべとうことで、テイクアウトなら予約なしでも可能とのことでとりあえず店に向かう
たこフェリーを眺めるマンションの2Fの飲食店街にあるのですが、なにかのついでにちょっと寄る場所ではないここが連日予約でいっぱいの店とは、、、、
ふらっと立ち寄りたい雰囲気の店なんですがねぇ
かなぁ???りブレイクしてしまっているようです

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

マルゲリータは普通に美味しかったです
チーズもバジルもオイルもナポリ風の生地もどれかが際だって主張してこないとても優しいピザ
生ハムのピザはこのハムがたいへん素晴らしい美味しさ
とにかくしつこさのないピザなので、ピザ耳で腹がふくれない限りは延々喰えそうな気がする
とはいいつつも、わざわざ大阪から飛ばしてくるかというとそれはない
この辺り来たらぜひ寄ろかなというところです

どうしても笹森くんと行ったときの聖林館のピザの美味しさを引きずってる感じ。
あれから、ほとんどイタリアン行ってないからしょうがないです。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時55分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2009

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.