倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2008年06月25日(水)

あら㐂 [五穀六感]

義父が届け物をしてくれる
なにか美味しいモノをとのことで嫁と僕の会社の中間南麻布で夕食
1年ぶりくらいのあら㐂

画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)

メニューは平凡な居酒屋ラインナップだが、値段は倍くらい
ちょっとした接待に使える小料理屋風情なんだけど、
子供がうろうろとして生活感満点
ギャップが楽しめないと難しい類の店
一口食べると価値ある料理であることがわかる
疲れたときに無性に行きたくなる店です

いさきに昇天 ぬたに腰抜け 穴子白焼きに開眼 御飯にふるぼっき

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時00分

2008年06月21日(土)

サッスィ?と行く聖林館 [五穀六感]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

東京に出てくるので、移転したサボイで飯くわんかというサッスィーからの電話。
僕はすっかり三宿のサボイかと思い、そちらへ案内。
なんで味いまいちなはずなのになぁと思いつつ。
結局、柿沼さんの聖林館とわかりタクシーで戻る。
聖林館となってからはじめての訪店。
巨大な鉄板で蓋をされた釜に圧倒。
マルゲリータうまい。こりゃうまいよ。
う???むうますぎる。
無口になる旨さ。
ひさしぶりに、ピザで感動する。
たいへん幸せなランチだった。
サッシーの店はかなり順調なようだ。
ぶどうオタクと化していた。
ワイン醸造はじめましたなんて便りが来る日は近い(笑)

夜も実はサッスィーと目黒川沿いに開店したばかりのイタリアンで食事をしました。
取材クルーも入った会食。
サッスィーの先輩シェフ佐藤さんとのやりとりや気の使い方が料理の世界の厳しさを垣間見ました。
そして佐藤さんがサスィーの戦っている姿に刺激を受けているという話をしてくださって、あああなんか羨ましく感じた夜でした。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時03分

2008年06月15日(日)

念願の達磨へ お好み焼えんじゃ 甘味たむら [五穀六感]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

広島の山奥に移られてからは営業日の関係でなかなか行けなかった達磨
ついに今回実現 三原と嫁と広島から1時間弱豊平をめざす
開店から遅れること11時半 もうかなりの人が店の周りの竹林や庭にうろうろ
30分ほど待って店内に通されました
厨房に高橋さんの姿がちらりと見える
しばし待っているとつゆが  フライングでちょっとなめてみる
塩気を感じさせないまろやかだが甘くて濃い汁
ペットボトルで持ち帰りたい誘惑
蕎麦切りがくる
もう見た目で美味しいそうなするどい角とつや 絶妙な水切り
極楽昇天

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

食いしん坊クィーン南風食堂三原にわれわれ食いしん坊夫婦がこのまま帰る訳も無く、達磨の素敵な余韻も醒めやらぬ2時間後にパルコ裏のえんじゃでお好み焼き
広島でもっとも好きなお好み焼きですから
なにもいうことありません

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

そして、乗車までの少ない時間も無駄にせず、広島駅からほど近い甘党の店たむらで一服

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 13時10分

2008年06月14日(土)

ARTECO HOUSE CAFE [倭月愛々 広島]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

江田島の素敵なフリーペーパーBridgeに紹介されていたカフェARTECO HOUSE CAFE。
がんねビーチという昔のリゾートビーチ
廃業して荒れていた建物をオーナーが手を入れてカフェに
僕のルーツの土地である旧江田島からは地続きで目と鼻の先なのですが、入り組んだ島のためけっこうな距離がある

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

広島でソウルシンガーやDJをしていたトニーさんと奥さんが友人達と少しずつ手を入れて店に
ライブも定期的に行われる

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

上階の元の客間を見せてもらったが、60年代の和風リゾートといったおもむきの作りがぐっときます
今後はギャラリーとして使う予定とのこと
ゲストハウスとかやってほしいなぁ

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

料理はケイジャン料理(ガンボね)とTEXMEX系
このガンボが秀逸!!!
それほど、ガンボを食べたと言える人間ではないですが、それでも十数回たべたガンボの中では一番美味しい
しかも、ここの空気と景色にほんとうにマッチしているのでやばい

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

プライベートビーチのように広がる砂浜
宮島もむっちゃ近い


Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 16時38分

江田島へ [倭月愛々 広島]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

今回の目的は墓参りと、旦那寺の教法寺へお伺いしてご先祖様のまつり方をご教示いただくこと

画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)

もう、リカバー不可能なぐらい傷む母屋
海賊の末裔だけあって、海を見渡せる高台(いまは兵学校があるため海岸線が遠くなってしまっているが)ゆえに重機はおろか車が入らない
解体にも修復にもちょっとした費用がかかるため放置せざるを得ないのが悲しい
墓参りをすると脇の道に放置されている梅の木 たわわの完熟梅
ありがたく拾います

画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)

近所の今井さんのお餅 おいしい
店内入ると表とは違ったとても素敵な家屋
そして、いつまで続けられるかねぇとぼやくばあさん
なんとかできないのかなぁ

新開地の江南のスーパーに客を奪われ衰退している典型的な町で唯一げんきな川上ストアー
なんといっても安い!新鮮な魚やさいがずらりとならぶ
いつ来てもわくわくする
ここで、半年分くらいのじゃこ、かえり、煮干しを買って帰る


坂を上り、教法寺さんへ
先代の住職がわざわざ出迎えてくださり、昔話をまじえていろいろとお話を頂く
仏事についてこうしなさいああしなさいをちょっと期待していたが、これを参考にと真宗本願寺さんのリーフレットを頂戴しておしまい
心のあり方などをさらりとお話しくださり、べつに泣き所ではないのだが、涙が込み上げて来て止まらない
さいごに、何十年と続いているテレフォン法話をまとめた月々の法話―三分間法話 まで頂いた
わざわざ足を運んでよかった

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 14時58分

2008年06月13日(金)

広島 なわない 貴家。 [倭月愛々 広島]

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

南風食堂がgrafのワークショップで広島現代美術館行くという
僕も江田島にちょっと行きたいと思っていたのでそりゃなんか呼ばれてるなぁと思いこのタイミングで広島入り
夜に三原と合流して居酒屋なわないへ
有名な店なのだが今まで行けずにいた
いまはけっこうお店の数も増えてるみたい

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

日本酒そそられるものがそろっている
お魚ももちろんおいしい
それはそれはたいへんクオリティが高い
でも、なにか物足らんかった
なんなんだろうね


結局、腹一杯喰ったはずなんだが、お好み焼きを食べる
嫁と三原なので止める人は誰もいない
三原の宿に近いお好み焼き 貴家。
キャベツ甘いなぁ
美味しい締め ぐっすり休めます

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時18分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2008

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.