倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2008年06月21日(土)

サッスィ?と行く聖林館 [五穀六感]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

東京に出てくるので、移転したサボイで飯くわんかというサッスィーからの電話。
僕はすっかり三宿のサボイかと思い、そちらへ案内。
なんで味いまいちなはずなのになぁと思いつつ。
結局、柿沼さんの聖林館とわかりタクシーで戻る。
聖林館となってからはじめての訪店。
巨大な鉄板で蓋をされた釜に圧倒。
マルゲリータうまい。こりゃうまいよ。
う???むうますぎる。
無口になる旨さ。
ひさしぶりに、ピザで感動する。
たいへん幸せなランチだった。
サッシーの店はかなり順調なようだ。
ぶどうオタクと化していた。
ワイン醸造はじめましたなんて便りが来る日は近い(笑)

夜も実はサッスィーと目黒川沿いに開店したばかりのイタリアンで食事をしました。
取材クルーも入った会食。
サッスィーの先輩シェフ佐藤さんとのやりとりや気の使い方が料理の世界の厳しさを垣間見ました。
そして佐藤さんがサスィーの戦っている姿に刺激を受けているという話をしてくださって、あああなんか羨ましく感じた夜でした。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時03分

2008年06月15日(日)

念願の達磨へ お好み焼えんじゃ 甘味たむら [五穀六感]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

広島の山奥に移られてからは営業日の関係でなかなか行けなかった達磨
ついに今回実現 三原と嫁と広島から1時間弱豊平をめざす
開店から遅れること11時半 もうかなりの人が店の周りの竹林や庭にうろうろ
30分ほど待って店内に通されました
厨房に高橋さんの姿がちらりと見える
しばし待っているとつゆが  フライングでちょっとなめてみる
塩気を感じさせないまろやかだが甘くて濃い汁
ペットボトルで持ち帰りたい誘惑
蕎麦切りがくる
もう見た目で美味しいそうなするどい角とつや 絶妙な水切り
極楽昇天

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

食いしん坊クィーン南風食堂三原にわれわれ食いしん坊夫婦がこのまま帰る訳も無く、達磨の素敵な余韻も醒めやらぬ2時間後にパルコ裏のえんじゃでお好み焼き
広島でもっとも好きなお好み焼きですから
なにもいうことありません

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

そして、乗車までの少ない時間も無駄にせず、広島駅からほど近い甘党の店たむらで一服

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 13時10分

2008年06月03日(火)

グランド坂下 志乃ぶ [五穀六感]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

心に染み入る映画を観たあとは、優しい食べ物を欲するので、目白の崖を下ってグランド坂下へ
大学時代はお世話になった僕のベストおでん屋「志乃ぶ」へ
グランド坂という名前の由来や阿部球場の存在なんて僕の大学時代でも知らない人がほとんどだった

画像(120x90)・拡大画像(240x180)

小学生の時は戸塚の研究所跡、戸山ハイツ、甘泉園とともに冒険の地だったんで、僕にはグランド坂は特別な響き
小学生の頃、早大は裏口入学事件があって僕らはよくバカにしたりしていたもんです
そんな大学に通うようになるとは夢にも思わなかった
なんてことを、振り返りながらおでんをつまむ
関東には珍しい澄んだ汁に浮かぶ種達が誘ってます
もう、時間が時間だけに出会えなかった種も多々
いくら食べても飽きないというかおかわり!

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

学生の時は南門にあった部室からちょっと遠いので、めんどくさいねとか言って洋食にしたりホカ弁にしたりしてた
身近ってコトは贅沢だ
てか、学生の分際で贅沢だ
大学辞めてからの方が頻繁に通っていたような
鱈腹食って腹パンパンながらも締めはにゅうめん(煮麺)
おでんのだしで仕立てられます
うひょひょ
極楽極楽

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時00分

2008年05月21日(水)

蔬菜坊 [五穀六感]

画像(120x90)・拡大画像(480x360)

みはらとインドネシアの土産話を聞きがてら美味しいモノ食べようということで地元ごはん
近くに越して来たにもかかわらず立て続けに3度も振られている蔬菜坊へ
禅料理のという枕詞よりもっとベタな命あるモノをどれだけ御馳走にするか
それを小鉢の中にストイックに詰め込んだ料理の数々
一つ一つが完結した小宇宙
自然に居住まいを正してしまう
命への感謝
命が自分の中に素晴らしいパワーとなって融け込んでいく
一食一食を大切にしなければならないことを思い出させてくれる
まさに典座教訓

器に残っている汁、付け合わせ、、、ピカピカに舐め尽くしたいのだが、
せっかちというか酔いが加速していくに比例して、女将はさっさと器を片っ端から片付けてしまう
そこも典座修行っぽいといえば、ぽいのだが、、、

画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)

画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時22分

2008年05月17日(土)

上海小吃 そして ゴールデン街 [五穀六感]

友人がゴールデン街のとある店を借りて不定期に小料理屋をやるという、
それはそれは素敵な企画に誘われる

予約制で遅い時間スタートなので、その前にはらごなし
7?8年ほど御無沙汰している上海小吃へ
裏路地の怪しさというか非合法感はちょっと影を薄めたが、
脇に新たに店を増床し、アジアっぽい猥雑さは増したかな
横浜中華街の上の厨房まで客自らが注文しに行く店に
怪しい中華屋の王座は明け渡しました(笑)
姐さんの元気さと勝手に注文決めちゃうペースは相変わらず
でもそれが間違いないので文句は言えない

鶏血のゼリーが入っているスープが五臓六腑!


画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)

んで、ゴールデン街へ
夫婦でややてんぱりつつでも楽しそうに切り盛りしてる
あれ???彼女の料理は思い返せば初めてだった
オープンする前のクルックのカフェには遊びに行ったけど、
そのときはお茶しかしなかった
予想を裏切らず、ぐっとくる料理たち
かえる食堂での食事会ではじめてあった彼女の旦那さん、
僕のむちゃ好きなキャラでワクワク!(そういう意味じゃなくてね)

画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)

嫁が職人特集の取材先を探してるとき、
以前から買おうと思ってたアシナイスの職人の記事が
たまたまメトロニュースに載っていて
この人取材したら面白いよってなんとなく勧めたら
取材となって、しかもその嫁がたのしい女だった
そして金沢特集に繋がっていく

grafのakichi records立ち上げパーティ@cayに嫁連れていったら
シアタープロダクトの面々来てるわけで、
嫁がこないだシアターに行ったときに接客してもらった子に偶然というか必然というか再会

その二人は同じ出版社の元同僚で、、、、
ここで一緒に飲んでいる
狭い世界に生きるにも程があるのでは?と軽い恐怖心

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時59分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2008

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.