倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2008年06月14日(土)

ARTECO HOUSE CAFE [倭月愛々 広島]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

江田島の素敵なフリーペーパーBridgeに紹介されていたカフェARTECO HOUSE CAFE。
がんねビーチという昔のリゾートビーチ
廃業して荒れていた建物をオーナーが手を入れてカフェに
僕のルーツの土地である旧江田島からは地続きで目と鼻の先なのですが、入り組んだ島のためけっこうな距離がある

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

広島でソウルシンガーやDJをしていたトニーさんと奥さんが友人達と少しずつ手を入れて店に
ライブも定期的に行われる

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

上階の元の客間を見せてもらったが、60年代の和風リゾートといったおもむきの作りがぐっときます
今後はギャラリーとして使う予定とのこと
ゲストハウスとかやってほしいなぁ

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

料理はケイジャン料理(ガンボね)とTEXMEX系
このガンボが秀逸!!!
それほど、ガンボを食べたと言える人間ではないですが、それでも十数回たべたガンボの中では一番美味しい
しかも、ここの空気と景色にほんとうにマッチしているのでやばい

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

プライベートビーチのように広がる砂浜
宮島もむっちゃ近い


Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 16時38分

江田島へ [倭月愛々 広島]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

今回の目的は墓参りと、旦那寺の教法寺へお伺いしてご先祖様のまつり方をご教示いただくこと

画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)

もう、リカバー不可能なぐらい傷む母屋
海賊の末裔だけあって、海を見渡せる高台(いまは兵学校があるため海岸線が遠くなってしまっているが)ゆえに重機はおろか車が入らない
解体にも修復にもちょっとした費用がかかるため放置せざるを得ないのが悲しい
墓参りをすると脇の道に放置されている梅の木 たわわの完熟梅
ありがたく拾います

画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)

近所の今井さんのお餅 おいしい
店内入ると表とは違ったとても素敵な家屋
そして、いつまで続けられるかねぇとぼやくばあさん
なんとかできないのかなぁ

新開地の江南のスーパーに客を奪われ衰退している典型的な町で唯一げんきな川上ストアー
なんといっても安い!新鮮な魚やさいがずらりとならぶ
いつ来てもわくわくする
ここで、半年分くらいのじゃこ、かえり、煮干しを買って帰る


坂を上り、教法寺さんへ
先代の住職がわざわざ出迎えてくださり、昔話をまじえていろいろとお話を頂く
仏事についてこうしなさいああしなさいをちょっと期待していたが、これを参考にと真宗本願寺さんのリーフレットを頂戴しておしまい
心のあり方などをさらりとお話しくださり、べつに泣き所ではないのだが、涙が込み上げて来て止まらない
さいごに、何十年と続いているテレフォン法話をまとめた月々の法話―三分間法話 まで頂いた
わざわざ足を運んでよかった

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 14時58分

2008年06月13日(金)

広島 なわない 貴家。 [倭月愛々 広島]

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

南風食堂がgrafのワークショップで広島現代美術館行くという
僕も江田島にちょっと行きたいと思っていたのでそりゃなんか呼ばれてるなぁと思いこのタイミングで広島入り
夜に三原と合流して居酒屋なわないへ
有名な店なのだが今まで行けずにいた
いまはけっこうお店の数も増えてるみたい

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

日本酒そそられるものがそろっている
お魚ももちろんおいしい
それはそれはたいへんクオリティが高い
でも、なにか物足らんかった
なんなんだろうね


結局、腹一杯喰ったはずなんだが、お好み焼きを食べる
嫁と三原なので止める人は誰もいない
三原の宿に近いお好み焼き 貴家。
キャベツ甘いなぁ
美味しい締め ぐっすり休めます

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時18分

2008年06月03日(火)

土徳 ?焼跡地に生かされて [倭月愛々 広島]

僕のルーツは広島県の江田島。海賊の末裔らしい。
村上水軍の流れを汲むらしいというのですけど、まぁそのへんはどうなんでしょうか。。。
天然の良港で海軍の兵学校(いまは海上自衛隊)があるので知られている。

神棚は家に設えたものの、御先祖様はなんとなくそのままイコンを置いてその辺りでお祀りしていた。
そろそろ、仏様と御先祖様をしっかりとお祀りしようと我が家の檀那寺である江田島の教法寺へ相談しようとgoogleで電話番号を調べてみると、「土徳」という映画のサイトがリストされた。
青原監督というドキュメンタリー畑の監督が自分のルーツ(=土徳)を求めて父をドキュメンタリーした映画 だった。

しかし、もう公開が終わっていて、なんとか見る方法がないのかと思っていたところ、ちょうど青原監督の新作が出たというタイミングに絡んでこの映画が日本女子大で自主上映されることになった。









映像作品としての技法はあえて?稚拙で少々面映いが、それをぶっとばすほどのライブ感
2時間以上の長尺映画にもかかわらずまったく時間が気にならなかった

広島ゆえに原爆、寺の家系ゆえに仏教という舞台が用意されていますが、それはネタに過ぎない
(これを反戦映画にしてしまうことは簡単ですが。。。)

監督は安芸門徒(浄土真宗)をテーマにすることがきっかけで生まれた映画といいながら、青原家は代々、寺の家系ゆえ、その安芸門徒の心のひとつであるわけですから、そのテーマを選ぶ時点で、遠まわしな自分という存在確認を始めたのでしょう
そして、父が病に伏すことをきっかけに父ともカメラを通すことで真正面に向き合うことができた

自分という存在が、いかに多くの人の縁、思い、代償の上に成り立っているか、一気にラストに向けて(しかし淡々と)収束していく

父の口からかすれる様な声で、力強く発せられた「土徳」という言葉がそれを端的に表現する、重い重い言葉だった

監督がこの映画を作った歳が、まさに今の僕の年齢で、僕はまだ、日本の文化の触りとかをうろうろとしているばかり
まだ、父と向き合うことに照れがある
そして、父、そして僕の存在に影響を与えた人々、文化や思想(=土徳)が知らないうちに消えていっている
一歩踏み込まなければと決意させてくれました


世代のギャップを埋めるために、日本の素晴らしい精神文化を理解するために、まず何をすべきか、ひとつの道を示してくれる映画です

■土徳オフィシャルサイト
http://dotoku.net/dotoku/index.html

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時01分

グランド坂下 志乃ぶ [五穀六感]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

心に染み入る映画を観たあとは、優しい食べ物を欲するので、目白の崖を下ってグランド坂下へ
大学時代はお世話になった僕のベストおでん屋「志乃ぶ」へ
グランド坂という名前の由来や阿部球場の存在なんて僕の大学時代でも知らない人がほとんどだった

画像(120x90)・拡大画像(240x180)

小学生の時は戸塚の研究所跡、戸山ハイツ、甘泉園とともに冒険の地だったんで、僕にはグランド坂は特別な響き
小学生の頃、早大は裏口入学事件があって僕らはよくバカにしたりしていたもんです
そんな大学に通うようになるとは夢にも思わなかった
なんてことを、振り返りながらおでんをつまむ
関東には珍しい澄んだ汁に浮かぶ種達が誘ってます
もう、時間が時間だけに出会えなかった種も多々
いくら食べても飽きないというかおかわり!

画像(120x90)・拡大画像(640x480)

学生の時は南門にあった部室からちょっと遠いので、めんどくさいねとか言って洋食にしたりホカ弁にしたりしてた
身近ってコトは贅沢だ
てか、学生の分際で贅沢だ
大学辞めてからの方が頻繁に通っていたような
鱈腹食って腹パンパンながらも締めはにゅうめん(煮麺)
おでんのだしで仕立てられます
うひょひょ
極楽極楽

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時00分

2008年05月31日(土)

藝州かやぶき紀行 [倭月愛々 広島]

#青原さとし監督が広島のかやぶき職人を追っかけたロードムービー藝州かやぶき紀行に対するmixiでのレビューです

心地良い音楽を求めて民俗音楽に、美味しいものを求めて土地土地の家庭料理にたどり着く
その存在する土地には、何らかのスピリチュアルな場が必ずといって良いほど存在していたので、知らず知らずのうちに日本の精神文化の大切さを感じ始めた

そうなると、(僕の知る限りの)父たちの世代が、日本の精神文化に無頓着なことを腹立たしく思った

そして、旅の先々で、あるいは村おこしのボランティアとして山村でお年寄りにインタビュー(というか茶飲み話)を意識的にするようになった

父たちではなく、祖父たちの世代が投げてしまった(戦争のために投げざるを得なかった?)ゆえに、父の世代が無頓着になってしまったことを知った

偉そうな大儀ではなく、気持ちいい生活を求めるために、いちど捨ててしまったものを、いまのうちに拾い始めないとまずいと思う

青原監督も 同じような危機感でこの映画を撮影されているのはないでしょうか
その中で、印象的だったのが、年老いた職人が、自分の次の世代を育てなかったことを悔いていること
僕がインタビューした方々からは出てこなかった言葉だった

茅葺屋根は絶滅するのか?
茅葺職人の技術は伝承されるのか?
美山の若い職人は意外にあっさりとした理由から答えを出す

屋根だけ残せば茅葺屋根か?
これはついつい忘れがちで深くそしてもっとも大切な問いでした

この映画を見るキッカケとなった土徳という素晴らしい映画も観る機会を得ることができました

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時00分

2008年05月21日(水)

蔬菜坊 [五穀六感]

画像(120x90)・拡大画像(480x360)

みはらとインドネシアの土産話を聞きがてら美味しいモノ食べようということで地元ごはん
近くに越して来たにもかかわらず立て続けに3度も振られている蔬菜坊へ
禅料理のという枕詞よりもっとベタな命あるモノをどれだけ御馳走にするか
それを小鉢の中にストイックに詰め込んだ料理の数々
一つ一つが完結した小宇宙
自然に居住まいを正してしまう
命への感謝
命が自分の中に素晴らしいパワーとなって融け込んでいく
一食一食を大切にしなければならないことを思い出させてくれる
まさに典座教訓

器に残っている汁、付け合わせ、、、ピカピカに舐め尽くしたいのだが、
せっかちというか酔いが加速していくに比例して、女将はさっさと器を片っ端から片付けてしまう
そこも典座修行っぽいといえば、ぽいのだが、、、

画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)

画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)
画像(120x90)・拡大画像(480x360)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時22分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2008

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.