倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2004年04月10日(土)

諏訪へ [倭月愛々 祭]

早朝、諏訪へ到着。先週の上社に続いて今日は下社の御柱祭
諏訪湖がいい一日を予感させる佇まい。

6時の駐車場開場を30分並んで入り、急いで出発点の棚木場を目指す。
約5キロの山道。かなりの数の人が蟻の列よろしく山を登る。
途中、山の道具を清める斧立社(よぎたて)という素敵な名前のお社にお参りをする。

出発点の棚木場は30分おきに出発する5本の御柱を引く人々でごったがえす。

 

引き綱に子綱を括り付けて引く。
春宮一之柱を担当する岡谷市の氏子さん達に混ぜてもらう。
この祭りのために戻ってきている人が多い。
至る所で同窓会状態。
故郷のない僕にはうらやましい光景。

引き綱が200メートルくらいあるので、その諸所に散らばっている木遣り隊の息が合わないと何千人が力を入れても御柱はびくともしない。
息があって御柱が動くのは5回に一回程度。
思った以上にきつい。
素晴らしい声を持つ木遣りがすると空気がピンと張りつめ力が漲ってくるから凄い。
木遣りと引き子がシンクロする瞬間。皆でシェアする感動。

僕らのような飛び入りも多く、途中からどんどん引き子が増えていく。
山道なので途中狭隘なところでは通勤列車状態で、まともに引けない。
こういうボトルネックな部分が数カ所あるのでときには30分で50メートルなんてことも。
人が多いことが必ずしも早く進むことにはつんzがら無いところが奥深い。

御柱を曳行する元綱を触れるのは黄色い元綱衆。赤いのは御柱の細かい舵取りをする梃子衆。かっこいい。

先行する秋宮四の柱。自分が曳いている柱はなかなか見ることが出来ない。

先週の雪が嘘のようなきつい陽射し。アイロンもバテ気味。
松本から来ているPizaa Oneという石窯ピザの移動販売車のピザを昼飯に。
これがうんめぇ??
川上犬のオーナーで、写真を見せて貰ったがかわいい???

木落し坂到着。急な坂を重い引き綱と共に下りるのでけが人続出。
誰もがこの坂を下りたいと思うので気持ちはわかるが、曳かない勇気も必要。
ここで、「人を見るなら御柱」という言葉がよくわかる。
引き綱から離れると危険防止のために坂下に下ろされるので、みな必死。
ちょっと醜い。僕ははじめから引き綱を離れ転倒する人たちのフォローに回る。
みんな御柱に夢中で冷静な判断力を失っている。。
骨折含め何人もの人が怪我をする。ここでも問われる自己責任。いざ、大怪我がした人がいることが明るみに出れば責任は主催者に行ってしまうこと、そしてそのために次回からの祭りがより管理されたつまらないものになること。ちょっと考えればわかること。女性子供年寄り、突起物のある荷物を持つ人、不安定な荷物をいっぱい身につける人。エゴのかたまり。転倒しても引き綱にしがみつく姿は「蜘蛛の糸」を思い起こさせる。
何十人の介錯をしたことだろうか。。。


木落とし坂に到着して2時間近くかかってようやく追い掛け綱(御柱を後ろに引くストッパー)が切られ落ち始める。
おそらく事故防止のために落下直後にいったん止まるようにこぶが作られていてそこで、華乗り(端乗りの美称か?)が振り落とされる。
元綱衆や近場にいた僕らで再び引いて落とす。

落ちていく御柱。
そばで見ていると意外とゆっくり。
樅の木は皮をむいてあるので滑り落ちていく御柱に飛び乗ることはまず無理。

どさくさに紛れて氏子でもないのに上ろうとする不届き者が多い。
御柱の周りで転がっている人を介錯していると、上から上から人が転がり落ちてくる。きりがない。
こぶだらけの上級者ゲレンデに素人スキーヤーがどんどん入ってきてる画を思い浮かべてくれたらいいでしょう。
ラグビーで鍛えられた密集での踏ん張りとタックルがこんなところで役に立つ。

 

華乗りを争う男達。

無事に木落としを終える。

引き子、華乗り、木遣り、ラッパ隊、誰からともなく歓声が沸き起こる。

あれだけ引き綱に群がっていた引き子もハイライトの木落としを終えるとどこかへ行ってしまう。
木落とし近くになると現れて威勢の良かった威勢の良い衆達はもちろん居るわけもない。
曳行が遅れて昼も30分しか休まず引き続け。たしかに辛いとは思うけどね。
徐々に暗くなり、声上げ続けの10時間。引き子も綱持ってるだけの人も多いなか、真剣に引き続けているので流石に筋肉の至る所が痙攣し、一触即発。
地区長さん達に殊勲賞だよと何度もお礼を言われ、それだけが励み。
でも、今日一番楽しかったのはこの木落としから終着点の注連掛(しめかけ)の曳行だった。

注連掛に到着。こて衆が全員でたかって安置場所に。

木落としで追い掛け綱を切った斧頭。斧(よき)も美しい。
この顔を見る限りは一発で綱を切られたんでしょう。

曳行開始から12時間。お疲れ様。

この日の模様

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年04月09日(金)

追加補足 [倭月愛々(旧)]

うっかりしてました。
アラビアンないとが2004にバージョンアップしました。
ここに、上記の「イラクからの短信」<29人に向けて>が掲載されております。
是非、アクセスして下さい!
29人のうちの一人からのお願いです。
宜しくです!

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時00分

遠い国イラク [倭月愛々(旧)]

先日知り合ったDNAの渡辺さんがひと月前からイラクへ入ってます。(詳しくはアラビアンないと2003最新情報を見て下さい。)
渡辺さんから「イラク短信」と題する貴重なレポートを送って下さっています。
日本人では思いもしないイラクのひとの発想・思想、逆に僕らと共有している価値観について低い視線で捉えて記されている。(内容に関して転載許可を得ておりませんので、興味のある方は僕に直接コンタクトください)
日常に埋没しがちなこの問題をギリギリのところで意識させてくれることに感謝。
たかが、一回お会いしただけの方がイラクに行っているというだけで、僕にとってのイラクは身近で気になる国へと変わった。
そして、昨夜の邦人が拘束のニュースに血の気が引いて、画面に釘付けになった。渡辺さんの名は結局無く安心すると共に、もし、今後、彼に万が一のことがあったら自分はどうするであろうかと考えた。もし肉親がその状況になったらと考えた。
けっこう冷静な結論が出て、自分は冷たい人間なのだろうかというちょっとネガティブな思考ループにはまる。
遅い夕食を作りはじめることでいったん断ち切る。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 02時00分

ふざけるな! [倭月愛々(旧)]

イラクで捕まった日本人は覚悟して行ってるんだから、こんなに騒ぐのはおかしい。
家族が首相に面会を求めているなんてありえない!
なんて愚かで、非常識で、自分勝手なんだろうか。
あんたらと会う時間を割くために浪費されるリソースについて考えたことがあるのか?
首相の立場を考えたら世論を考えて会わざるを得なくなるでしょう。
無神経の極み。
それを批判もせず垂れ流すメディア。どーなってるんだい。
イラク派兵とは別の次元の話。

イラク戦争もうやめてくれ!ケツ持てよ合衆国。 がんばってくれ自衛隊。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年04月06日(火)

ひさびさ [倭月愛々(旧)]

李くんに頼まれてビーコンの社長送別パーティーの会場に僕の機材を届ける。
最近は滅多に繁華街に行かないので表参道がまぶしい。アニバリサリが会場だったんだけど、入るのに気後れした僕はもう町には戻れないのでしょうか。。。

最近、ネット界で大きな?話題の?イベントを仕掛けたニックが選曲。奴の得意のパーティーな選曲が炸裂していったんでしょう。妙にとぼけた味は相変わらず。僕は場違いなので早々に退散。
まぁ、それにしても、色んな繋がりの友がいる会社で、ある意味吹きだまりなのかなぁ(失礼)
いや、みなさんひさびさ、ご無沙汰してすいません。
僕は元気です。ピース!

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 02時00分

MAHAKALA [倭月愛々(旧)]

魚の香りに誘われて、MAHAKALAランチ。
非番の某民鉄車掌さんの小池さんとその弟子っこと相席。
なんと、小池さんはあの水蕎麦で有名な山都町の出身。
あの蕎麦を喰って育ったなんて。。。
地にいると当たり前で、有り難くもなんともないそうで、うらやましい。
コシアブラなどの山菜情報ももらい、近々、福島への旅をするっきゃないモード。

MAHAKALAのそば茶も山都町産。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年04月04日(日)

目覚めてみれば。。。 [倭月愛々(旧)]

当然のごとく、小さな町に何万人も集まれば、宿はないので、白樺湖の奥、女神湖の別荘地にあるとある組合の保養施設に泊まる。
前夜、月明かりに粉雪が舞って幻想的だった。
一抹の不安を抱きながら床につく。
起きてみれば、一面の銀世界。
宿の主に訊くとまだスキー場もオープンしているという、、、
とほほほほ。。。

借りたレンタカーがたまたまスタッドレスを履いていたので助かる。
しかし、除雪もままならない急傾斜地の別荘地。
宿はいちばん奥まったところにあるので、念のため別荘管理会社の四駆に牽引してもらう。

国道、県道はそれなりの交通量で路面が見えていたので、強気に奥蓼科の湯を頂きに行く。
渓流沿いのいくつかの温泉宿を目指すが、枝道にはいると狭く傾斜のきつい道が多く断念。
地図で調べて、県道沿いから徒歩でのアクセスが可能な明治温泉を目指す。
この道は明治温泉にアクセスするための街道で、温泉に至るまで石仏の観音様が一里塚宜しく並んでいるところが楽しい。(湯治客が完治のお礼に順に作っていったそうだ)
県道から入り口に小屋があって宿への直通電話が引いてある。バスで来る客を迎えに来たり、冬場は県道に車を置いてやってくる客へ心遣いか。
僕らも、車をここに置いて、インターフォンで営業を確認する。

徒歩で、渓流沿いの急坂を下りていくと、滝の脇にへばりつくようにして建つ宿が見えてくる。
思っていたよりも大きな宿。

滝となって流れる渓流を見下ろす素敵な風呂。
熱めの湯と冷泉(源泉)と露天風呂(窓がないだけで屋根はあるからこの表現は微妙だが絶景。冬は窓が付くから内風呂になる)があって、ぬる湯好きの僕には露天風呂が楽しめる。
冷泉に是非入って下さいということなので、意を決して入ってみる。20度ちょっとあるらしいのだが、身体を沈めるのにそれはそれは勇気が必要。
いったん身を沈めてしまえば大変気持ちがよい。
さすが源泉。濃厚に鉄の味がする。砂が敷き詰めてあるのかと思うくらい大量の湯の花。
ぬる湯、あつ湯、冷泉と渡り歩くといつまでも入っていられる。というか、出たくない。

宿の主が水を撒いて作った氷柱も美しい渓流の眺め。
雪がないときに、この渓流を散策してみたい。
あ???ごくらくごくらく。
当日朝までに予約しておけば昼食を座敷で取ることも可能なようなので今度は試してみたい。
というか、次回は宿泊してみたい。
広いロビーにびっしりと並ぶ書籍がけっこうそそられるタイトル。

宿の近くにある御射鹿池(みさかいけ)。
人工池なのだが、幻想的な美しさ。
諏訪大社の鹿狩り場を由来とする名もナイス。
東山魁夷がこの池をモチーフに画を描いたのもうなずける。

諏訪に下り、下社の秋宮へお参り。
出雲大社には及ばないものも立派な注連縄のある神楽殿。
ご神木が本尊のためこぢんまりとした拝殿しかないのも好感もてる。

来週の下社の御柱に来れるかどうかわからなかったのだが、例の木落としの会場だけはロケハンしておこうと行ってみる。
すげぇ
スキー場の上級者ゲレンデだよ。20から30度ある。
下の国道を走る車が小さく見える。
途中まで下りてみたが、雪でぬかるむ足場でとても無理ということで引き上げる。

春宮にもお参りを。
秋宮と同様の構成の境内。拝殿も同様にシンプル。しかし、独特の威圧感がある。
伊勢神宮とかに通じる空気。

すっかり冷え切った身体を暖めてくれる宿場の外湯。
下諏訪では新しい施設の湯である児湯。
開放感はないながらも露天風呂があるので、ぬる湯&露天すきの僕には文句なし。
250円という料金もね。

で、岡谷名物の鰻を食べて帰る。

結局、往復とも下道。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年04月03日(土)

御柱祭 [倭月愛々 祭]

ovaの和田峠でのパーティーで訪れてから、行くたびに何かグルーヴを貰える不思議な土地、諏訪。
中央道でも必ず諏訪湖サービスエリアで止まるほどの諏訪好きになってしまいました。
諏訪大社がまたまたすんごいナイスグルーヴにあふれている。湖はさんで上社と下社にわかれ、それぞれが前宮&本宮、春宮&秋宮という社に分かれ、合計で4社で諏訪神社をなしている。僕はとくに上社の雰囲気が好きで何度となく立ち寄っている。
本尊は社の森のご神木というのがまた素敵!
そんな、諏訪のお祭り御柱に行ってきた。
下道好きなので甲州街道を夜通し飛ばして5時間。ほとんど情報を持たずに行ったので、まずはロケハン。御柱の曳航の出発点から行ってみる。
里からえらい入った八ヶ岳山麓の別荘地の一角からはじまる。

そこから曳行路を追っかける。
おおお!これが御柱か
でっけぇ????

二日かかる御柱の山出しの一日目がここで終わり御柱が休むという意味の寝神宮(子の神)、小さいながらも凄く素敵な空気あり。

途中まで気付かなかったが、道にくっきりと御柱の曳行跡が。
何本か通ったところは凄いことになっている。

今日の見せ場の一つ、木落としの上部。

木落とし始まる3時間も前から進軍ラッパや木遣り歌で盛り上げていく。

木落としの上に着いてから1時間かかってゆっくりと上ってくる。
V字のメドデコが左右に揺らされながら落ちはじめるバランスまで進む。(ちょうど、木落としの頂点でシーソーのようになってから滑り落ちる)
見せるための祭りになる過渡期なので、警備は混乱、仕切る人も6年ごとなのでノウハウなし。観客と引き子と警備がごちゃごちゃのカオスになって御柱の木落としを楽しむ。
引き綱が100メートルくらいあるから引き子の数だけでも相当。もちろん触ってるだけの人も多数。

無事木落とし終えて、記念撮影。このメドに上れることことはさぞ栄誉なことなんでしょう。
これがお宮ごとに4本あるので8本繰り返される。(氏子の住む地域を8カ所に分けて3日かけて運ぶ)
ラッパ隊が甲子園よろしくラッパを吹く。入れ替わりで、子供が木遣り歌を張り上げる。木遣りも何チームかいて、ひとり、むっちゃ上手い人がいる。喧噪の中100メートル先からでもその声は届く。むっちゃ気持ちいい声。

中央線のガードをくぐるためにメドデコを外す。
それにしても、けっこうな急斜面。来週の下社の木落としに較べれば落差も小さいがすげえよ。これ。

これが引き綱。ふってぇなんてもんじゃない。
つなぎ目はこの2倍の太さで、人が乗ることもある。
もちろん、これを直接握るなんて無理なので各自荒縄を用意して、この縄に巻き付けて引っ張る。

そして、上社の山出しハイライトの川越え。
午後から風が吹き込んで凄く冷えてきた。
日陰は雪がまだ残るぐらいだから、この川は雪解けの切れるような冷たさのはず。

両岸を埋め尽くす人人。
木落としの時もそうだったんだけど、予定よりもかなり遅れて進行。川越しにいたっては4時間も遅れる。
待ってる人はいらいら。
あげくに、こっちは何時間も待ってるんだ。はやくやれ!とか罵声が飛ぶ。
有り難い場を見せて頂いているという気持ちをなぜもてないのでしょう。
4時間(まぁ場所取りはその何時間も前からやってるんだろうけど)待てない人って可愛そうで可愛そうで。挙げ句に客同士見えないから座れだなんだで至る所でもめはじめる。
とてもファックな空気。なにしに来てるんだかなぁ。。
でも、そういう中でもマイペースにゆるゆると祭りは進みそのナイスなグルーブに哀れな空気はかき消されていく。

川越し前に木遣り隊から声援を受ける。
ここは子供木遣り。
嵐の前の和やかな時間。

今日のお礼に上社の本宮、前宮にお参りする。
これが間もなく6年間(数えで七年)の勤めを終える御柱、前宮一之柱。
神域の四隅を結界している。
天井があるように見えてくるから不思議だ。

この日の模様はLCVのライブ映像で。
LCVというこの地域のケーブルテレビ局は3チャンネル使ってライブ中継。すげえ。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2004

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.