倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2004年04月03日(土)

御柱祭 [倭月愛々 祭]

ovaの和田峠でのパーティーで訪れてから、行くたびに何かグルーヴを貰える不思議な土地、諏訪。
中央道でも必ず諏訪湖サービスエリアで止まるほどの諏訪好きになってしまいました。
諏訪大社がまたまたすんごいナイスグルーヴにあふれている。湖はさんで上社と下社にわかれ、それぞれが前宮&本宮、春宮&秋宮という社に分かれ、合計で4社で諏訪神社をなしている。僕はとくに上社の雰囲気が好きで何度となく立ち寄っている。
本尊は社の森のご神木というのがまた素敵!
そんな、諏訪のお祭り御柱に行ってきた。
下道好きなので甲州街道を夜通し飛ばして5時間。ほとんど情報を持たずに行ったので、まずはロケハン。御柱の曳航の出発点から行ってみる。
里からえらい入った八ヶ岳山麓の別荘地の一角からはじまる。

そこから曳行路を追っかける。
おおお!これが御柱か
でっけぇ????

二日かかる御柱の山出しの一日目がここで終わり御柱が休むという意味の寝神宮(子の神)、小さいながらも凄く素敵な空気あり。

途中まで気付かなかったが、道にくっきりと御柱の曳行跡が。
何本か通ったところは凄いことになっている。

今日の見せ場の一つ、木落としの上部。

木落とし始まる3時間も前から進軍ラッパや木遣り歌で盛り上げていく。

木落としの上に着いてから1時間かかってゆっくりと上ってくる。
V字のメドデコが左右に揺らされながら落ちはじめるバランスまで進む。(ちょうど、木落としの頂点でシーソーのようになってから滑り落ちる)
見せるための祭りになる過渡期なので、警備は混乱、仕切る人も6年ごとなのでノウハウなし。観客と引き子と警備がごちゃごちゃのカオスになって御柱の木落としを楽しむ。
引き綱が100メートルくらいあるから引き子の数だけでも相当。もちろん触ってるだけの人も多数。

無事木落とし終えて、記念撮影。このメドに上れることことはさぞ栄誉なことなんでしょう。
これがお宮ごとに4本あるので8本繰り返される。(氏子の住む地域を8カ所に分けて3日かけて運ぶ)
ラッパ隊が甲子園よろしくラッパを吹く。入れ替わりで、子供が木遣り歌を張り上げる。木遣りも何チームかいて、ひとり、むっちゃ上手い人がいる。喧噪の中100メートル先からでもその声は届く。むっちゃ気持ちいい声。

中央線のガードをくぐるためにメドデコを外す。
それにしても、けっこうな急斜面。来週の下社の木落としに較べれば落差も小さいがすげえよ。これ。

これが引き綱。ふってぇなんてもんじゃない。
つなぎ目はこの2倍の太さで、人が乗ることもある。
もちろん、これを直接握るなんて無理なので各自荒縄を用意して、この縄に巻き付けて引っ張る。

そして、上社の山出しハイライトの川越え。
午後から風が吹き込んで凄く冷えてきた。
日陰は雪がまだ残るぐらいだから、この川は雪解けの切れるような冷たさのはず。

両岸を埋め尽くす人人。
木落としの時もそうだったんだけど、予定よりもかなり遅れて進行。川越しにいたっては4時間も遅れる。
待ってる人はいらいら。
あげくに、こっちは何時間も待ってるんだ。はやくやれ!とか罵声が飛ぶ。
有り難い場を見せて頂いているという気持ちをなぜもてないのでしょう。
4時間(まぁ場所取りはその何時間も前からやってるんだろうけど)待てない人って可愛そうで可愛そうで。挙げ句に客同士見えないから座れだなんだで至る所でもめはじめる。
とてもファックな空気。なにしに来てるんだかなぁ。。
でも、そういう中でもマイペースにゆるゆると祭りは進みそのナイスなグルーブに哀れな空気はかき消されていく。

川越し前に木遣り隊から声援を受ける。
ここは子供木遣り。
嵐の前の和やかな時間。

今日のお礼に上社の本宮、前宮にお参りする。
これが間もなく6年間(数えで七年)の勤めを終える御柱、前宮一之柱。
神域の四隅を結界している。
天井があるように見えてくるから不思議だ。

この日の模様はLCVのライブ映像で。
LCVというこの地域のケーブルテレビ局は3チャンネル使ってライブ中継。すげえ。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年04月02日(金)

ホラーカフェ [倭月愛々(旧)]

で、散歩中に北野神社にお参りに寄ったら、向かいの有閑マダムのティールームが、唐突にホラーカフェなるイベント会場になっていた。
びっくり。
中を覗いてみると、えれ?????詰まらなかった。
あまりに、スノッブというか、いまこれやる意味がわからねぇ。
馬鹿らしすぎて写真も載せません。
シアタープロダクトの服がなかなかぐっと来たぐらいかな。
野田凪プロデュース。サンアド辞めたんだね。
ホラーカフェ

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時00分

Beutiful Sunday [倭月愛々(旧)]

なんかを朝からがんがんに流しながら雑事をこなす一日。
気が付いたらレゲー箱を漁ってベランダで日光浴。
あげくに、テンション上がって散歩したりしてしまうからはかどらないタスク。つもるタスク。
桜吹雪が始まって目黒川が桜に染まりはじめた。
満開過ぎたここからが、目黒川の桜の楽しいところ。

よっしー@wombレストランと坂口店長@恵比寿駅前食堂が3日に世田谷公園で花見をするからと発電機を借りに来た。
よっしー頭剃っちゃった。きゃぁ???、相変わらずかわいいいいいいいいい。
womb レストランは桜丘に良い物件見つかったので引っ越し中だって。クラブのレストランてことで過小評価されていたから、良かったと思う。またレストラン単体としてもアクセスしにくい場所だったからこれで面白い形にブレイクするかも。場所はsoma cafeの向かいにあった美容室の跡。
駅前食堂は本格的に工事が入ってると思ったら、オープンは5月だって。今度はスペインがテーマ(笑)またまた面白いことをやってくれるのでしょう。
五味くん@ikraの仕入れる魚が美味いからどの店もかなり期待大。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年04月01日(木)

ソーシャル・ネットワーキング [倭月愛々(旧)]

この日付になに書いても嘘くさいのでどーでも良いネタを。
一年前あたりからhotwiredなどでも良くニュースになっていた(このころの邦訳が「出会い系」になっているのが笑える)ソーシャルネットワーキング。googleがはじめたorkutの目指すところがより個人に特化した検索システムっていうところがいいなぁって思っていたのでカオリからの誘いではじめてはや2ヶ月。要は自分の友人自慢をWeb上でやって、ついでに友人の友達を漁って友達拡げようという仕組み。類は友を呼ぶを利用したものですね。関心空間はてなをより汎用化していったナイスアイディア。といっても、このどれも僕は深く利用することはなかった。自分が抱えている情報をシェアするのは良いことだと思うが、遊歩道にダンプカーで乗り付けてしまう人が多いこの世界では、何らかの防波堤のないところでは発信しにくい。
ほんとうに僕がエキサイティングに思える情報は結局アナログな付き合いの中から見出されているのが現状。その情報に関しての知識を深化させるためにwwwを使い、その過程で同じ感性の人と出会うこともあるという程度。それ以上は期待できない。僕がもう一年ほどMTを試用しているのにweblogに移行しないのもそういう理由から。(このサイトも近日中にRSS対応にはします。死んでもブロガーとか言われたくないからよろしく)押し寄せるダンプカーと闘いながらレアな歩行者を探すなんて無理。このサイトやアイロンのサイトにアクセスしてくるサーチエンジンの検索語を拾ってみるとそれがよくわかる。マスコミが中目黒の情報を漁っていること(それもピント外れな)や足を運べば解決する程度のくだらない情報を何度もしつこく、的はずれな言葉で検索している人。。。
その意味では紹介がないとはじめられないorkutは面白いと思ったけど、まぁ目糞鼻糞な感じ。下手に知り合い絡んでいるだけに気を遣っちゃったりしてかったるい。

ただね、これをやってみると、自分のいままでの友人関係を振り返って整理して、自分の友人、そして自分自身の隠れたリソースというのが拾えたりするっていうのが嬉しい。
そして、なかなかメールしにくかった人たちにメールする大義名分が出来ること。
そんなもんかなぁ。
日本オリジナルで始まったグリーがねぇ、いますごい勢いで増殖しているけど、今時珍しいぐらい酷いデザイン。というか特定のブラウザ、OSでしか通用しないCSSを使っている。これを平気で世に出すセンスを使うのはしんどい。しかもというか、やはりというか、ちょっと痛い世界が展開中。

マルチレベルマーケティングは本国アメリカよりも日本の方が大きくなるという国民性を考えると、しばらくこのブームが続くのでしょう。そして、巻き込まれることになるのでしょう。それも嫌いじゃないんだけどさぁ。
とにかく、googleを超えるすごい検索システムが現れてほしいなぁ。それで僕的には全て解決するわけ。さいきんのgoogleにいたく不満な僕でした。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年03月30日(火)

cowbooks [倭月愛々(旧)]

MAHAKALAのランチ喰って、ちょっと休みたかったのでシゲのへ。
コーヒーがだめだったので、ここで一服することはなかったんだけど、知らない間にミルクティーも出すようになっていたので寄ってみる。
片岡博という国鉄の局長から日通の取締役にまでなった人のエッセイ「山菜記」の2冊が誘惑する。山の幸をテーマにした短い随筆の最後に山菜が、図版とともに紹介されており直ぐにでも山に行きたくなる好著。
そして、いままで噂は聞いていたが、実物を手にしたことがなかったあまカラという食通向けの雑誌を発見。
めったに本を買わないし、読まない僕にとって、こういうセレクトショップは有り難い。
たぶん、これがレコ屋だったら使うかどうか。どーなんだろう。
でも、レコ屋でも丁寧に一枚一枚ビニールケースに入れて袋に詰めてくれるような店ってなんか嬉しいし、そういう店で普段チェックしないジャンルの思いがけない出会いを経験することが多い。って、考えると、使う店なんだな。
自分の本の世界に対するバイアスな思いに気付く。

それにしても、最近は平日でも客が入ってる。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年03月29日(月)

すると、 [倭月愛々(旧)]

仕事やめて充電中のふーちゃんの花見散歩に遭遇。
長々と立ち話。
さらに、ウチのベランダに移動してまたまた長い立ち話。
いま草月流を毎日習いに行ってるそうで、生け花の造形美の一端を教えてもらう。
彼女とmoodmanやらeyeちゃんの昔の選曲とかについての話をしていて、ふっと、パンクについて考えはじめる。彼女を送り出した後、手持ちの少ないパンクもの引っ張り出して聴き始める。止まらない。ロンドンロンドン。
後片付け進まず。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時00分

と、いいつつ [倭月愛々(旧)]

ちょっとやっては脇道にそれる飽きっぽい人。
中目パトロールに出かける。
今日はビルさんと店の前で桜談義。
どこ行っても、今年の桜はだめだねぇって話になる。
でも、人出は去年よりもかなり増えている。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 02時00分

後かたづけ [倭月愛々(旧)]

宴の後のメンテナンスを少しづつ進める。
さすがに杵と臼を階段で4階まで持ち上げるのは嫌なので、エレベーターのある彼女の家で預かってもらう。
機材は泥と酒と油まみれ。
洗っても洗ってもきりがない。
はじめるまでは苦痛だが、手を付けてしまうと意外と楽しい作業。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2004

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.