倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2004年03月12日(金)

もう半月 [倭月愛々(旧)]

早川町に居ることに気が付く。
町内ベンチャー応援事業の報告会の手伝いから始まって2000人のホームページの取材、起稿、入稿、フィールドミュージアムのツーリズムプレスの校正、次号以降の企画会議、インターン学生が企画した死臭のする町内観光拠点(南アルプスプラザ)のリニューアル工事の手伝い。そして毎晩遅くまで呑み。スケジュールに追われて東京に居るときよりも気忙しいのはこれいかに。

途中一日だけ東京に戻ったのが良いリフレッシュになったせいかこの1週間が短く感じる。
やっと今日の午後、自由になる時間があったので、これも取材の一環なんだけども、という律令制に由来する珍しい名の集落に。裏山に土肥、佐渡と並び立っていたと言われる金山があり、その精錬場や湯治場の跡を目指す。地図で見て想像はしていたが、笊ヶ岳の昔の登山道。特にいまはマニアックな登山者か山師くらいしか使っていないようで、荒れ放題。冬なのでかろうじて道を見付けることが出来た。(何度もそびえ立つ岩壁や沢、漫画に出てくるような絶壁、ガレ場に行く手を阻まれて、そのたびに何十メートルも急な斜面を上り下りしては正しい道を探す。

80歳くらいのお年寄り達の記憶風景は山に入れた元気な頃で止まっているので、ほんとうに行けばあるのかが不安であったが、所々に、唐突に出現する人の手による石垣などの構造物や、沢沿いに鉱石か材木を下ろしていたときの架線の名残の太く錆びたワイヤーが勇気づけてくれた。

バイクだったので砂防ダムを管理する道の終点まで1キロちょっと入ることが出来たが、それでもそこから1キロ弱、高低差250メートルくらいを沢を渡り岩壁を上ってたどり着く場所。
よくもまぁこんな場所にというところに幾つもの施設跡が散在。
こんな山奥の危険なところに二階建て六間もあるりっぱな湯治場があったなんて信じられない。

しかも集落はずれの金山の精錬所のあったところに移築され今なお建物は存在する。あの山奥からこれを下ろしてくるなんて想像できない。
昔の人の価値基準や時間の流れはいつも想像を超えたところにあって面白い。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時00分

2004年03月10日(水)

改修工事 [倭月愛々 早川町]

南アルプスプラザという町内の観光情報の拠点になるべき施設が充分機能していないのでインターン学生が提案した改修案を採用して学生自ら工事を手がける。なんとなく手伝うことに。
釘もナグリが無いのにはびっくり。皿ビスがなくタッピングビスが用意されてたり、長さも揃っていないあたりで覚悟が決まる(笑)
仕切っていた学生さんのここまでの苦労や一所懸命な姿はリスペクト。でも、やることに意義がある的なちょっと低い志を感じてしまいちょっと残念な現場でだった。もちろん、改修前より遙かに素晴らしいものになったのは言うまでもないことだけど。
地のものを使うということにこだわるという視点も欠けていたことも残念だった。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年03月07日(日)

減らない茶 [倭月愛々 早川町]

取材に行くとお茶とたくあんと白菜の漬け物が出される。
お茶も含めてたいがいが自家製。家によって個性があってそれも又楽しみの一つ。
ちょうど11月頃に家々の軒先で山のように積まれていた大根と白菜がこんなに美味しく。
しかも、早川名物減らないお茶。酒好きのひとがちょっとでも相手の酒が減ると注ぎ足すかのように、まめにまめに茶が湯飲みに足される。お茶大好きの僕でもさすがに、お茶あたりしてきて(笑)注ぎ足されないように湯飲みに手を付けないでいると、冷めちまったねぇと湯飲みの茶を捨てて新たに注ぎ足してくれる(もういっぱいいっぱいです)家によっては茶を捨てるために大きな湯飲みが用意されていたりする(笑)
昼時に行くとこんな美味しいおでんがふるまわれたり、、、
ほんとうにありがたい。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

伊豆旅行 [甲斐犬アイロン日記]

両親に伊豆旅行に連れて行ってもらったようです。

Posted by アイロン(ailong) at 01時00分

2004年03月06日(土)

静岡おでん [倭月愛々 早川町]

川崎から早川町に移住してきた方の取材が盛り上がり5時間近くにも及び、夕飯までご馳走に。
そのまま、キャンプ場の鍋パーティー呼ばれる。
寒中の鍋なんてと思ったが、焚き火に当たりながらの語らいはやっぱり楽しい。
しかも、静岡おでんなる初体験のおでんが。まいう????!!
スジの煮汁と鰹出汁に濃口醤油の汁に黒はんぺんがやばい。静岡では駄菓子屋から居酒屋まで(子供のおでんから大人のおでんまで)無数の店が存在しているらしい。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

2004年03月05日(金)

雪 やまのもの 温泉 名水 [倭月愛々 早川町]

東京に一日だけ帰り、夜半前早川町に戻るとそれはそれは素敵なスペシャルな鹿が待ていた。うまい。食べるだけで身体に精気がみなぎってくる。
そのまま、雪の中、これまた素敵な露天風呂に。雪明かりのなかの温泉はさいこー!

もちろん、帰りは甘くてさっぱりした湧き水でのどを潤す。
早川の醍醐味。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2004

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.