倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年09月28日(日)

琉球フェスティバル [倭月愛々 沖縄]

 照屋政雄のマニアックな口説からはじまった。
真っ青な空にチョンチョンキジムナーが妙に似合う。
神谷千尋のさがり花ってCDだと美しいんだけど生はいまいち。綺麗な歌声なんだけど浮世離れしてるというか声優の歌聞いてるみたいでちょっとがっかり。
しゃかりのボーカルがなかなかキャラよし歌よし。
目当ての一押しよなは徹。かっこいいなぁ。垢抜けなさすぎる拙いMCにも好感。ただ、しゃかりやパーシャの面子がバックつとめているのでどうも変わり映えしないと言うか、なんで沖縄で民謡とポップスが絡み合うとみなこういう米米クラブ風になってしまうのだろうか。。。。好きなのか?あのべたな感じ。三線はかなり良いんだけどなぁ。
我如古より子のナークニー(でいいんだよね?)が圧巻。ヤギ汁をちょっと思い出した。
宮良康正&鳩間千代子はなんかべたな観光ソングな感じでがっかり。与那国出身だからもっとどなんな感じ(勝手に太い荒い感じを想像してるんだけど)で来るのかと思いきやあれ???
この辺まではのどかに過ぎてゆく。うちなー口が全然分からない僕らがMCにきょとんとしてるのにゲラゲラ笑うおっちゃんおばちゃん達にちょっと嫉妬。しかも踊りも上手いから勝ち目無し。

 パーシャクラブが登場するやいきなりいままで静かだった子達が大騒ぎ。大暴れ。ステージ前に殺到。客の4割はこれ目当てだったのか。。。べたべたなファンクなんだけどなぁ。。。わからないなぁ。。。すんげえ人気。
でも、この大騒ぎのどさくさに立ち見席から中に入れて貰うことが出来ました。(ありがとう谷中よみせ通りの「みさき」のご主人。泡盛もごちそうさま)
で、BEGINの登場。イカ天バンドなんて死語になる昨今のブレイクぶり。ブームが去っても渋谷百軒店のBYGで細々とライブを続けていた姿を知っているだけに嬉しい。(いまじゃBYGの顔になっている。ってかBYG自分で伝説のロック喫茶とか言うなよ!!!)
あれもこれもそれも歌いました(笑)島人ぬ宝は会場全体で大合唱。流石に泣けた。
で、セーグワーこと御大登川誠仁の登場。出てくるだけで会場の全ての心を掴んでしまうところは凄い。彼のこと知らない子供までが興奮してる。ヤマトグチの歌「緑の沖縄」なんど聞いてもいい歌。アンコールで口説ものやってくれて最高!用意されたマイクなんて使わず踊りながら近くにある彼の背丈じゃ無理な高さのマイクに向かってる姿。このフリースタイルな人に併せて演奏する人はたいへんだわなぁ。。よなは徹が太鼓やっていたがこれがまたうまい!

で、最後はカチャーシーかと思いきや安里屋ユンタの大合唱で終わる。これはこれで楽しかった。

どうも楽屋はもっと楽しかったらしいが。。。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 08時10分

新・日の基 [倭月愛々(旧)]

終わったら強烈に腹が減った。
すげええ酔っぱらった。
泡盛飲み過ぎ。呑まされすぎ。
で、
有楽町といえば日の基でしょう。
銀座界隈でここと新橋側のガード下系以外の居酒屋って行ったこと無いんだよねぇ。
てか、ほとんどいつも新・日の基。
ここの煮魚だいすき。
今日は鯛のかぶとだった。
おばちゃんは高くてごめんみたいな顔するがこれで500円なんてこっちがすいませんです。
げろうまい。
これで御飯さえあれば完璧なんだけどなぁ。。。
おそろしく空いていてびっくり。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時10分

2003年09月27日(土)

引越 [倭月愛々(旧)]

彼女の引越。
今の家からも歩いても10分かからない世田谷公園の目の前。
狭い部屋なので出来た荷物をまめに運んで作業場を確保するようにする。
が、いかんせん荷造りの段取り悪すぎ。
てか、ここまで準備のない引越は久々。
アート引越センターで看板車に乗っていた僕にはあんびりーばぼー。
終わってみれば翌3時過ぎ。
日本の尺貫法を無視したイタリア製ベッドに強烈な殺意を抱きました。エレベーターにはいらねえんだよ!デザイン様万歳↓

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 08時10分

2003年09月26日(金)

神道講座 [倭月愛々(旧)]

 日本おにぎり隊なる国際交流プロジェクト主催の神道講座のお誘いを受け出席。
講師は元IBM技術者で神道研究をされている若月佑輝郎氏。
2時間にしては大きすぎるテーマなので前半はやや散漫な感じ。
後半の言霊の話になってやっと端についたという感じ。
モノや場から氣を敏感に感じ取ることが西洋との違い。
言霊は氣(vibe)であり、言葉は氣を50音に分けたもの。
あまてらす、いさなぎ(み)、すさのおなどの国造りに関係する神々の名を解説しながら言霊の触りを。
いさなぎ=意流綯氣 なんて美しいんでしょう。世界は意匠されているんです。
仮名は50音が54セットあるってところがちょっと気になるので調べてみたいところ。

質問コーナーで前々から響きが気になっていたにぎはやひ(饒速日)についても解説して貰う。
仁(=愛)凝波(花)矢光 全ての霊的なものの源。美しい。


時間があれば小椋一葉氏の消された覇王(ネタ元は原田常治古代日本正史)について聞いてみたかった。専門家・オタクにいたく評判が悪いが、読み物としては非常に面白いので、ほんとうのところはどーなのよというところを。
この本が今の僕の宗教空間への興味を持つキッカケのひとつとなったものだから。15年前、それはそれは興奮した出来事だった。



すっかり遅くなった晩飯は三軒茶屋で。おそろしくご無沙汰のヒラソルへ。醤油・大蒜・バルサミコで漬けた鶏レバーの美味いこと。濃厚なチーズの趣。一気にからだがとろけていくのが分かる。遅くまで開いててくれて有り難う!

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時10分

2003年09月24日(水)

graf [倭月愛々(旧)]

アップリンクギャラリー(昨年末のgraf東京展の会場)で開かれていた志賀理江子の個展の撤収で上京しているgrafの面々を南風食堂がもてなす会に呼ばれる。
久々の理江子ちゃんだったが無口ぎみで会話できず。相変わらずサルサで盛り上がってるのかな。
おいしいシチューを食べ、東山が目黒川ではじめた菓子屋の羊羹を頂き幸せのひととき。
久米仙のジンジャーエール(もちろんウヰルキンソン)割りが効いてきたあたりで豊嶋君のR嬢の彼氏はどーなのよの会が盛り上がる?
豊嶋君が都築響一からもらったある無名のエロオヤジの自費出版ヌード写真集(なんと都築編集!!)に静かに興奮して久々に野外オナニー。
いやあ広尾はいい街だなぁ。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 04時10分

2003年09月23日(火)

バングラディッシュ・カレー [倭月愛々(旧)]

妹の友人宅でのカレーパーティーのお誘いを聞きつけ呼ばれてもいないのに彼女と押し掛ける。
旦那さんがバングラディッシュ出身なのでほんもの!
ぼくは結局4人の子供の子守役になってしまい手許を見ることができず残念だったが、久々に感動的な美味いカレーだった。
ごくごくビーフと玉葱使ったシンプルなカレーとコルマだったが、シンプル故にシャリフさんのセンスが光る絶品だった。
フライパンで焼くチャパティも絶妙。
夢中で食べてまんぷくまんぷく。
次回もう一度やって貰うことを頼む。
ほんとうまかった。
いやまじ。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 05時10分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2003

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.