倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年09月26日(金)

神道講座 [倭月愛々(旧)]

 日本おにぎり隊なる国際交流プロジェクト主催の神道講座のお誘いを受け出席。
講師は元IBM技術者で神道研究をされている若月佑輝郎氏。
2時間にしては大きすぎるテーマなので前半はやや散漫な感じ。
後半の言霊の話になってやっと端についたという感じ。
モノや場から氣を敏感に感じ取ることが西洋との違い。
言霊は氣(vibe)であり、言葉は氣を50音に分けたもの。
あまてらす、いさなぎ(み)、すさのおなどの国造りに関係する神々の名を解説しながら言霊の触りを。
いさなぎ=意流綯氣 なんて美しいんでしょう。世界は意匠されているんです。
仮名は50音が54セットあるってところがちょっと気になるので調べてみたいところ。

質問コーナーで前々から響きが気になっていたにぎはやひ(饒速日)についても解説して貰う。
仁(=愛)凝波(花)矢光 全ての霊的なものの源。美しい。


時間があれば小椋一葉氏の消された覇王(ネタ元は原田常治古代日本正史)について聞いてみたかった。専門家・オタクにいたく評判が悪いが、読み物としては非常に面白いので、ほんとうのところはどーなのよというところを。
この本が今の僕の宗教空間への興味を持つキッカケのひとつとなったものだから。15年前、それはそれは興奮した出来事だった。



すっかり遅くなった晩飯は三軒茶屋で。おそろしくご無沙汰のヒラソルへ。醤油・大蒜・バルサミコで漬けた鶏レバーの美味いこと。濃厚なチーズの趣。一気にからだがとろけていくのが分かる。遅くまで開いててくれて有り難う!

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時10分

2003年09月24日(水)

graf [倭月愛々(旧)]

アップリンクギャラリー(昨年末のgraf東京展の会場)で開かれていた志賀理江子の個展の撤収で上京しているgrafの面々を南風食堂がもてなす会に呼ばれる。
久々の理江子ちゃんだったが無口ぎみで会話できず。相変わらずサルサで盛り上がってるのかな。
おいしいシチューを食べ、東山が目黒川ではじめた菓子屋の羊羹を頂き幸せのひととき。
久米仙のジンジャーエール(もちろんウヰルキンソン)割りが効いてきたあたりで豊嶋君のR嬢の彼氏はどーなのよの会が盛り上がる?
豊嶋君が都築響一からもらったある無名のエロオヤジの自費出版ヌード写真集(なんと都築編集!!)に静かに興奮して久々に野外オナニー。
いやあ広尾はいい街だなぁ。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 04時10分

2003年09月23日(火)

バングラディッシュ・カレー [倭月愛々(旧)]

妹の友人宅でのカレーパーティーのお誘いを聞きつけ呼ばれてもいないのに彼女と押し掛ける。
旦那さんがバングラディッシュ出身なのでほんもの!
ぼくは結局4人の子供の子守役になってしまい手許を見ることができず残念だったが、久々に感動的な美味いカレーだった。
ごくごくビーフと玉葱使ったシンプルなカレーとコルマだったが、シンプル故にシャリフさんのセンスが光る絶品だった。
フライパンで焼くチャパティも絶妙。
夢中で食べてまんぷくまんぷく。
次回もう一度やって貰うことを頼む。
ほんとうまかった。
いやまじ。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 05時10分

2003年09月21日(日)

北野神社祭礼 上一東町会 [倭月愛々 祭]

この数日のキチガイじみた暑さはどこへやらの大雨&寒さ。
同居人が彼女とヨリを戻して(というか戻るように仕向けちゃったりして・・・)、ウチにいる。
僕の連れも泊まりに来ると男女四人がこの狭いところで寝てるという画。
そんな、朝だが、この数日ばたばたして冷蔵庫の在庫無しで仕方なく朝兼昼飯を調達。連れがパン好きなので、ナイーフに。
ミルクフランス無くて残念???なんて暇も無く次々と注文しまくる二人でした。

帰りしなガード下の町内会覗くと御輿をこれから担ぐモード。
飛び入りオッケーと言うことなので急いでメシ喰って参加。
上一東(上目黒一丁目東町)の法被なかなかかっこよくて嬉しい。

もちろんアイロンもお祭り仕様です。

ウチの向かいの籐八やらオーガニックカフェなんかは同じ一丁目だけど氏子が違って道ひとつ挟むだけで中目黒八幡。そっちの祭りの方が盛り上がるし、神社も風格あるからほんとはそっちが良いんだけど。。。なんて。
田道(清掃工場のあたり)までの各町内の御輿がバンの前の路地に集結する様はけっこう凄い。
今年は雨で省略して神社直行直帰だったみたい。

ちょっと寂しい数で担いでるので中目の街並みで浮いている。
御輿下ろすまで気付かなかったが僕の前で担いでいたのが鳥亭のおやじだった。なんかうるせえ奴居るなと思っただと。ぎゃははははは。
普段は鑓ヶ崎まで上がって花壇で休憩して戻るらしいが雨のため目切坂下の根津自動車に寄って直帰。
根津自動車で艤装中のパトカー発見。ここのNさんはこの手の特装させたらピカイチの腕らしい。呑むとただの変なじじぃ(すいません)。でも、国頭村@沖縄で浜のヤマシシと言えば誰もが言うことを聞くワルだったみたい。国頭村についに心強い拠点が出来る。
どんどんひどくなる雨で簡単に手締めして光明泉へ。ガキの頃は御輿担ぐと貰える菓子と飲み放題のカルピス(大きいゴミバケツにたっぷり作ってあった)と梨などなどはもちろんだが、終わると貰える入湯券で年に一度だけ銭湯にはいることが出来るのが楽しみで仕方がなかった。ここの兄ちゃん同じ町内だけどこのへんで銭湯ここだけになったから開店から超満員で御輿担ぐどころじゃない。
一風呂浴びて町内会館で宴会。料理が大変うまくて嬉しい。特に豚汁!花壇から中華料理の差し入れもうめえ。
菓子やらジュースにビールをどっさりもらって帰る。(人数少ないから分け前が多いのだろうか?)
しあわせな秋祭り。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 08時10分

2003年09月20日(土)

万惣 [倭月愛々(旧)]

あっと言う間に講義が終わる。
学生の時に90分の講義が4つもあったらぐったりしてた記憶があるんだけどなぁ(笑)
モチベーションの大切さをいまさらながら実感。
そのままちょっと回り道して秋葉原でジャンク屋のぞいたりする。
で、彼女のリクエストの万惣フルーツパーラー
浪人生の頃にデートで何度か来て以来かも。。。。
彼女は定番のホットケーキ。
僕はフルーツオムレツ。スフレ状に焼き上げられた卵たっぷりの生地がしあわせ???
ここのシーフードハンバーグも同じ人が作ってるのかなぁ。。
ふわふわで不思議なハンバーグだったなぁ。

で、そば屋行こうと僕の好きな松翁、出雲そば、一茶庵目指すがどこも土曜は早じまい。く?????。
じゃあ、カレーということでカーマ・共栄堂は先週行ったのでエチオピアに連れて行く。
久々だったが、やっぱり納得行かないカレー。ふつーにうまいことはうまいが、ひとつ足すか引くかどっちかして欲しい中途半端さが逆にいらつく。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 04時10分

まつや [倭月愛々(旧)]

昼は今回もまつやさんに。今日はいつもの胡麻に。
うまいなぁ。。。
だんだんと出される蒸籠の目の向きや七色の味見やら盛りかたやら猪口やら嫌味なチェックを無意識にしてしまうようになってきている。
いきなり地震があってびっくり。震源が近い直下型の揺れでちょっと怖かった。木造家屋の免震構造の凄さを実感(笑)

 

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時10分

ソバリエ認定講座2日目 [倭月愛々(旧)]

前回に続く2回目の講義(耳学と呼ばれている)

第3回 元有楽町更科 藤村和夫氏
基本的には氏の著書に基づいた話。そばの香りは40度以上で揮発するから熱盛りかそばがきを。そばがき好きとしては裏付けしてくれて嬉しい。そばがきは熱湯に粉を入れて作るのね??
時間配分間違えていたようで一番聞きたかっただしの話が薄く残念。更科の甘汁辛汁種汁についてとかえしの作り方や出汁の取り方でおしまい。


第4回 辛子家八いろ 石川潔
七味は関西の呼び方で江戸では七色だった。
からしは芥子で芥子はケシではない。
山葵はおろして(細かく!)しばらく経たないと辛味成分に変化しない。熱に弱い。
大根はおろしたて!汁だけをツユに入れる。
葱は輪切りにしたものをばらしてリング状にして供する(香りを楽しむものなので表面積が大切)
七色はそばに直接掛けて楽しむべし。
唐辛子は16世紀ヨーロッパから直接日本に入りはじめは九州中心にしか普及せず。日本から朝鮮に渡りキムチ文化と結び付いた(!)それまでは生姜と山椒でキムチの辛味を作っていた。
江戸では内藤新宿が主要な産地。基本的には行商での販売。
それにしても先生の特製八色の美味しいこと。海苔が絶妙な香り。しびれる。近々お頒け頂けることなので楽しみ。

第5回 (株)イナサワ商店 稲沢敏行
そばの道具に拘ることも大切なのですが、そばは家庭にあるボウルなどで手軽に充分美味しいモノが出来るのですよという講義のはじめの言葉からしてぐっと来た。
世界中のそば産地とそば食文化を訪ね歩いて来た先生のスライドショーはもの凄いボリュームで駆け足で終わってしまうが、俯瞰的に見ることが出来て今後のキッカケとして意義深いものであった。そばの食しかたにこれだけバリエーションがあるとは。ユーラシアのそば食文化を一纏めにしてそば食店をはじめてみるというのも今なら面白いはず。
今回、僕にとってもっとも意義のある講義でした。

第6回 早大名誉教授 高瀬礼文
ドイツ遊学中にドイツ産のそばをコーヒーミルで挽いてそばを打ってそれを本にしたという変態(失礼)教授。
数学者だけあってそば切りの構造を顕微鏡で観察された結果をもとにうどんとそばの麺線構造の違い(うどんはグルテンが網目状のへちま繊維のように澱粉やタンパク質を包み込んでいるがそばは水溶性タンパクが糊化し水に不溶で膨張するだけのタンパクを雷オコシのようにつないでいる→そば粉は小麦粉より水を吸収しやすい)やそばの水回しから捏ねまでの木鉢作業を粉体工学の撹拌造粒の視点から解説してくださり頭が納得する。括ろうとしないでひたすら均一に混ぜ続けると小さな粒が勝手に大きな粒になっていくからそれまで根気よく混ぜることが木鉢の基本。
縄文時代から食べていた。そばの初出は「続・日本紀」(800年ころ)。そば切りの言葉は定勝寺文書(天正2年1600年代)。菓子屋で売っていた葛切りの技法でそば打ち(生粉打ち)はじまったのでは?はじめは蒸籠で蒸して食していた。

この方がおいしい出雲そばの本監修していたのですねぇ。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時36分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2003

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.