倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年09月04日(木)

町民塾 [倭月愛々 早川町]

取材を終えた後も滞在していた目的の一つ町民塾がついに開かれる。会場はまたまた廃校跡の温泉宿泊施設ヘルシー美里生態計画研究所の小河原孝生氏が講師。スライドショーによってわかりやすく新潟県高柳町の町おこしがプレゼンテーションされる。これを見た人なら誰でも行ってみたくなるであろうという素敵なもの。もちろん町そのものも魅力があるのでしょうが、小河原さんの町への愛情とハードではなくソフトを重視した町おこしを勧める姿勢が美しいのだと思った。
終わったあと、小河原さんを囲んで軽い呑み。こちらの質問に的確でわかりやすい答えがポンと返ってきてどんどんファンになっていく(笑)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 02時10分

早川町 [倭月愛々 早川町]

山菜取りの際に通り過ぎたのみの山奥の集落を回る。
ゴールドラッシュ、ダムラッシュの名残が残る集落を回る。

山道を走ること10キロほど。
ようやく最奥の集落長畑へ。
早川町は昭和のはじめまで焼畑農業が残っていた地。
この町に来るまで日本で焼畑が行われていたことを知らなかった。
この集落を抜けると静岡市へ抜ける山伏峠へつながる急な林道。え?静岡市???さすが、日本一面積の広い市。

長畑の手前の稲又集落を通ってびっくりした。
緩斜面にびっしりと育った雑穀の数々。ヒエ・粟・紫蘇・キビ・トウモロコシ・ソバ。。。。
ここはその筋には有名な日本でも数少ない雑穀栽培地なのだそうだ。

帰路、ヴィラ雨畑という町にいくつもある廃校跡に建てられた施設(我々が止まっている交流促進センターもそのひとつ)のひとつに温泉が出来たというので立ち寄る。
隣の硯匠庵なる硯の展示館ものぞく。この雨畑川流域は金山として開発が進む課程で良質の硯石が見付かり雨畑硯として有名。粒子が細かく水持ちがよいのが特徴。
雨畑湖というダム湖を臨むテラスが気持ちよい。

肝心の温泉だが、まだ整備途中か本館から離れまでの通路が運動場から丸見え。風情がない。露天風呂はないがテラスがあるので十分開放感がある。テラスの目隠し方法をもうちょっと工夫すればもっと開放感があって文句無しなんだけど、、、湯もぬるめで僕好み。建物のデザインが不評のようだが僕は落ち着けて良いと思った。観光地の風呂はこのぐらいの過剰なデザインの方がかえって良いと思う。非日常空間として。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 02時10分

2003年09月03日(水)

早川町 [倭月愛々 早川町]

今日も引き続き取材のロケハンで赤沢集落を歩く。
自動車でアプローチできる道が出来てしまったために廃れてしまったまま残っていた街並みが、テーマパークのよう。
講単位での身延→七面登山のための宿で、いまのパック旅行向けの旅館だったのでしょう。
大人数をさばけるよう壁のない襖だけで自由に部屋割りが出来る構造と大人数が一度に旅支度・荷ほどきできるようL字型に縁側と土間が走りそのまま客間に上がれるようになっている。
最盛期は三回転(朝昼晩!!!)していたそうだからラブホ顔負けである。
滞在宿と違うため食事は握り飯程度を供するだけだったので、これだけ風情のある宿だが食事が期待できないのが痛い。

40年ほど前に町の有志により町おこし活動が盛んに行われ、それがキッカケで国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けるまでになった。
しかし、町おこしが盛り上がったタイミングに観光資源としての基盤整備を出来ず、せっかくの指定も有効に活かしきれていない。

それゆえに嘘臭いテーマパーク化は避けられているのだが、駐車場をはじめとして基盤が整備されていないため住民にとっては権利を制限されるだけで、(改修費用が補助金からでる以外の)リターンが無いためストレスが溜まっているのではないかと想像できる。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 07時10分

2003年09月02日(火)

早川町 [倭月愛々 早川町]

 2000人のホームページの取材が終わったが、早川町が進めているフィールドミュージアム構想の先駆けとして発行をはじめたニュースレターの取材も手伝うことになり次号の取材ロケハンに。
赤沢宿から身延山に抜ける道の途中にある十万部寺周辺の紅葉が素晴らしいというので目指す。車一台がやっと通れる山道。素人目には麓でも十分紅葉美しいのだろうが、たしかのこの大きなカエデのトンネルが色づくと美しいだろう。

十万部寺はとっても変わった構造していて身延への参道を跨いで門のように構えていて右手に日蓮上人、左に妙法さんを対向して祀ってある。

住職の居ない寺であるが偶然にもお上人様がお見えになっていて、お話を聞くことが出来る。
しかも、先日の取材先のお宅に偶然お見えになって1時間ほど一緒に雑談をした方であった。
小一時間ほど十万部寺の謂われからお上人様のお育ちまで頂き思わぬ取材が出来てしまう。
「妙法蓮華経」1部8巻28品69384字をお上人三代で10万回読経したことが由来というのは気が遠くなる。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時10分

2003年09月01日(月)

赤沢 垂れ蜜 [倭月愛々 早川町]

早川町
取材したお宅に原稿を校正して貰うために届けに上がる。
赤沢集落のとあるお宅では4年がかりで住まいを新築されている。
大変こだわりのある方で国の重要伝統的建造物群保存地区のため、その規格に従って建てればかなりの額の補助金が下りるのですが、それも棒に振って設計士探しに2年、大工探しに1年を費やしたという。
完成間近なところだったので中を拝見させていただく。ちょっとのつもりが、渡辺篤史状態でいやいやいやいや?すごいですねぇを連発しながら1時間ちょっと。
赤沢の特長の一つの障子の美しさ、しかも格子の材の巾も微妙に変えるほどのこだわりだけあって美しいのひとこと。
七面山を借景にする素敵なお住まい。

さらに地下室も家一軒が建てられるぐらいしっかりとした構造になっている。
コンクリの水抜き穴も安藤ばりに指定したそうで美しい。
この部分も石垣と板囲いで絶妙に目隠しがされる。
裏で走っているモノはハイテク。それを覆い隠すように、社寺なので使われるような特殊な釘や土間に敷き詰めた特注の瓦などのこだわりの建材と細かいデザインがそれらをきれいに覆い尽くしている。

早川町全体で盛り上がりつつある日本蜜蜂による採蜜をこちらも行っている。
しかも、巣を圧搾して取るのではなく重力で自然に落ちる蜜だけを集める垂れ蜜という方法を採用しているのでより雑味のない蜜になるのだそうだ。
話を聞くだけで美味そうで思わず予約してしまう。
その年の天候次第で盛んに咲く花が替わるので味が異なるというのも面白い。
鉢が巣箱から出ていく11月に集め採蜜が終わるのが年明けらしいので乞う御期待。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時00分

2003年08月31日(日)

再び早川町へ [倭月愛々 早川町]

原稿の締め日が今日なのでトンボ帰りで戻る。
休日の6時に出発したので順調に。
時間的な余裕もあるので笹子峠の旧道を走る。
昭和30年代までは現役の峠道だったとは思えないほどの静けさ。
笹子隧道はちょっと怖い感じ。(心霊スポットにされるのも分かる気がする)

調子に乗って旧道を見つけては走る。
どこも防災訓練で消防団のミニポンプ車が出動していて楽しい。車種や装備もまちまちでバラエティ豊か。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 04時10分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2003

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.