倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年08月31日(日)

再び早川町へ [倭月愛々 早川町]

原稿の締め日が今日なのでトンボ帰りで戻る。
休日の6時に出発したので順調に。
時間的な余裕もあるので笹子峠の旧道を走る。
昭和30年代までは現役の峠道だったとは思えないほどの静けさ。
笹子隧道はちょっと怖い感じ。(心霊スポットにされるのも分かる気がする)

調子に乗って旧道を見つけては走る。
どこも防災訓練で消防団のミニポンプ車が出動していて楽しい。車種や装備もまちまちでバラエティ豊か。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 04時10分

2003年08月30日(土)

東京へ [倭月愛々 早川町]

前夜の酒宴は大フィーバー
床や廊下や机の上などに撃沈したモノどもが眠る中、黙々とPCに向かうモノ一人。卒論発表が間近に控えているのだろうか。。。
大フィーバー大会をこっそりと抜け出し仮眠を取った僕は暗いうちに東京へスタート。

笛吹(富士)川沿いの道は快適で開放感がある。
やまだらけの町から下りて来たから特に。

1時間ちょっとで甲府盆地を駆け抜ける。

あんまり快調に飛ばしていると燃料計を見落とすもので、新笹子トンネルを過ぎた下り坂でガス欠。
民家も見えないところで泣きそうになる。
幸運なことに峠を越えた長い下り坂。
30分かけて9キロほど自走。
セルフだったので一瞬暗くなったが(バイクのタンクは4.5リットルなのに千円単位でしか給油できないところが多い)クレジットカードも使えたので助かった。
キグナスさまさま。

眠気と闘いながら大垂水峠だけは早い時間に越えておこうと頑張る。
八王子に入ったところの交差点のベンチで30分仮眠。

ガス欠や仮眠で遅れたので、休日朝の都心部の渋滞に巻き込まれ結局6時間かかって帰着。
彼女の家で仮眠して、参宮橋のオリンピック青少年センターへ。
ウィルシードの創立3周年記念講演とレセプションに出席。
よのなか科の藤原和博氏と元ユニクロ副社長の沢田貴司氏がゲスト。藤原氏のやらしいオーラは教育者としてどうなのかなぁ。。。沢田氏の問題意識は明確で大変モチベーション上がる。
人材育成会社のパーティーということで僕にはむずがゆい雰囲気。質疑応答さえ我がゴト語りする「積極的」すぎる人々ばかりで目が点。(その中にはなんとTSUTAYAの増田氏もいたりして。。。大丈夫か?蔦屋)
百式の田口さんを誰かから紹介して貰うが、あまりのナイスガイぶりに混乱して百式のサイトの管理をしているぺーぺーかと勘違い。メルマガ読んでますよとか月並みな会話して終わる。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 07時10分

2003年08月29日(金)

早川町 [倭月愛々 早川町]

前日の取材で行きそびれた榑坪(くれつぼ)集落の七面堂に。
集落から山道を歩くこと30分。
近年、きれいに整備された感じ。
七面山の二之池を彷彿とする景色でなごめる。

炎天下での取材が続き戻ると疲労が溜まっている。
が、
取材先から鹿の刺身を頂いたりすると一気に上がるので不思議。
しかも、美味しいおにぎりまで。。。
鹿刺は肝炎の感染源ということもあるので食べ過ぎは良くないらしいが、箸は止まらない。
滋味。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 05時42分

2003年08月28日(木)

早川町 [倭月愛々 早川町]

取材スタッフが泊まる薬袋(みない)集落の氏神様 子安八幡。
苔の絨毯が好きで毎日お参りする。

薬袋集落は南側斜面の扇状地に拡がる。集落はずれには沢も流れ、日当たり・水ともに早川では恵まれた土地。
そば・茶・ぶどうからワサビまで小規模ながら栽培している。

山と川の町なのだが、町の中心を流れる早川はダムが出来、送電用水として山中に掘られたパイプラインでショートカットされるので川幅に較べて水流は貧相。
ダム放水のせいか、無数にある砂利採取場のせいか、水は昼前になると濁る。
生活用水も垂れ流しなので洗剤の臭いがかすかに漂う。

山奥の集落にも郵便屋と宅急便が毎日のように現れる。
宅急便の兄ちゃんは住民がゲートボールに興じてれば、そこに顔出し受領サインを貰っていく。

榑坪という集落で取材。
おばあさんと道端に腰掛けながら話を聞く。
まぁお茶でもと家に呼ばれる。
昨秋けがをして5月までリハビリ施設に入院、車椅子の生活を勧められたほどの方が畑に出て働いている。
道芝を刈ってきて一日干して縄をなうという。

結局、気が付くとお昼までご馳走になる。
出された漬け物にはばぁーーーっと味の素。
今も使われているかのような釜が台所で存在感を放つ。

早川沿いのキャンプ場で川遊びを。
信じられないほど水流が少ない。
おかげで比較的安全に川遊びが出来る。
水は冷たいが泥粒子で透明度も低く、洗剤臭もかすかにする。
野川の方がきれいだと思う。
久々の川遊びはスリリング。

夕食は自炊。
町に夜も開いている飲食店は片手以下。
この日は僕がなんとなく調理担当。
コンビニはもちろん、生鮮食品を売る店は無い(週に2回移動販売車が来る)のでありモノだけで何とか調理。
とうがんのスープ、クーブイリチー(ここでもかい!)、茂倉瓜と豚肉のとろみ炒め、白菜・ツナ・春雨のサラダなどなど、、、

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 07時10分

2003年08月27日(水)

早川町 [倭月愛々 早川町]

富士川の支流 早川はこれでもかというぐらい大蛇行を繰り返す。
フォッサマグナが貫く。

日付変わるまで呑んで、朝から取材。
5時には畑に出てる人たちから見れば十分寝坊。
けだるい感じで打ち合わせをすませ、取材に出る。
山の緩斜面に点在する集落ごとにアポ取れるところは取り、それ以外のものはアポ無しで取材。歩いてるばあさんに立ち話で取材したり。そのまま家に上げられ茶のみならず昼飯もご馳走になって土産までもらったり。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時10分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2003

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.