倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年08月24日(日)

江ノ島 [倭月愛々(旧)]

うわさのkiiiiiiiのライブがあると南風から教えてもらったので久々のワンプレート・ギャザリングに。でも夏の江ノ島を選ぶあたり完全にバッドセンス!この集まりに来る人たちにも似つかわしくない。やっぱりTPOって大切だと思う。そういう意味で彼らはオタクでしかないということか。。。人生は編集なんだけどなぁ、、、

とぶつぶつ言いながらもこのあと葉山へ逃げるために猛暑の中ジャイロで江ノ島へ。
江ノ島行くときはいつもこのモノレール道を使う。最近までバス専用道路だったので地元民の抜け道なんだけど、それ以上にとっても気持ちの良い道。

で、kiiiiiiiのライブがはじまる。
びみょう???
周りの海の家とトラブって一旦中止。起こるべくして起きた事態。コミュニケーション不足。彼女たちにかわいそう。
で、場所を移して再開。
コメントのしようがない泡沫バンドに寸止めしてる感じ。
見かけはチープなんだけどうねりがある。
なんだろう。妙な既視感がある。

しかし、いくら彼女たちが良いといっても江ノ島の嫌な味が襲ってきて2回目のライブを待たずに葉山を目指す。
大渋滞。
バイクは楽ちん。裏道もかなりすいている。
夏らしい海。

一色海岸到着。
さすがにここも今日は人が多い。
海小屋へ。久々のヤマケン・カズー・わたなべ君。
いわゆるズージャな選曲。ちょっとこの海の景色とはマッチしない。
わたなべ君の彼女を紹介される。ちょっと変わった子。藤沢の雑貨屋の店員とそこで回すDJ。きゃーありがち。半年ぐらい会話が成立しなかったってところがナイスなポイントかもね。
彼女としばらく話し込みながらチルしていく。

すみや君が海から登場。女子とタンデム。
海小屋に戻るとスチールパンのライブ。
いいんだけど、4つ打ちの打ち込みを被せていまどきな音になっているのが減点。
最初のアコースティックのみはもうたまらん。

ご機嫌山下洋輔登場して華やぐ海小屋をそっと抜けだしブルームーンと松を覗く。
かなり混んでいる。やっと夏が来たってかんじ。

帰路、実家に寄ったら爆睡。
起きたら翌昼だった。
慌てて家に戻る。
予定押せ押せなのにスチールパンで遊んでしまう。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時10分

2003年08月23日(土)

CELL [倭月愛々(旧)]

真空管閉店後どうしているのかと思ったらCELLというフレンチラウンジになっていた。
で、今晩は真空管常連の会というか滝内氏を励ます会ということで友人のアサコちゃんが奮闘。
僕はひさびさに知らない人達のために選曲。
真空管だからレゲーとラテンでラウンジー(笑)
ジョー・サンプル、SAL、DA LATA、ミシェル・フーガン、エリスレジーナ、 Likwid Biskit、アルトン・エリス、コーネル・キャンベル、デューク・ピアソン、エリカ・バドゥ、マンデーミチル、Alis Babs、レイ・テラス、ホセ・パディーア。。。
超満員で女子率70パーセント。僕一人で4時間の選曲のため指をくわえてみてるだけー
会話を邪魔しないような音圧にしたけれど、踊れる選曲だったので終わってから何人か面白い選曲ですねって遊びに来てくれたのは嬉しい。
久々のアウトプットで気分が上がる。

滝さんはすっかり老けこんでしまって心配。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 02時10分

2003年08月21日(木)

誕生日 [倭月愛々(旧)]

毎年のことだが、淡々と過ごす。
前日までの旅の反動で、恐ろしいほど静かな日中。
夕方まで誕生日というのを忘れていた。
前日、どういう行きがかりか遊園地行こうと言うことで新生後楽園ラクーアに。
サイトを見ると携帯でアトラクションの予約できるということなのでその時間にあわせてその前の腹ごしらえ。
念願のカブール食堂へ。予約していったが僕らが最後の一組だったらしい。入り口に満席ですの貼り紙。大きいテーブルに二人しか使わないのに満席というのはちょっともったいない気がする。キャパの問題でも無いようだから相席でもかまわないと思うのだが。

料理は単品でも取れるけど、選ぶと結局コースと変わらない。
乳酒うめー。パラウというオレンジピールが入った炊き込みご飯(トルコとかのもに近い)やカバブーもうまい。料理出てくるの早いのもうれしい。紅茶も緑茶もカルダモンが効いていて大変気に入った。
スズキコージの壁画が楽しいです。
やばい店。

遊園地に来たのは10年ぶりくらいか。
駅から入るといきなり目当てのサンダードルフィンが爆音をたてて瞬く間に視界から消える。
びびった。

これがドコモのやらしいCFに出てくるやつ。
まさかあれを地でいくとは。。。。
でも、この予約はほんと便利。

30分待ちの行列の脇を一気にすり抜けて割り込める快感。
待ち時間ほとんど無しで乗れる。
しかし、待っている間に少しづつ緊張が高まる感じがなく、あっけなく乗ってしまうというのはある。

こんな角度であっけなく上がっていきます。
しかも、騒音対策でむかしのジェットコースターのような軋む音やカンカンという歯車の音はしないのであれ??って感じでてっぺんへ。
そこからの落下はもう落っこちるというしかない感じ。車両丸ごとフリーフォール。あの感じは思い出すだけで怖い。とてもじゃない手を上げてきゃーーーーなんて言えないわ。
あとはもう早く終わってって感じ。
もうむり、もうむり、もうむり。
恐るべしサンダードルフィン
人生久々に膝が笑う。

観覧車に乗る気力はかなり失せ、ぼ?っと園内を歩く。
汗掻いたので冷たいものをということでサーティーワンへ。
いいタイミングで噴水でショーが始まる。これがなかなかの見応えあるもの。

園内を入場無料にしたのは大変良いアイディア。人が集まり賑わいが出て雰囲気もいい感じ。アトラクションのクオリティーも高い。飲食がちょっとパワー不足なのが残念。後楽園のイメージを敬遠されたのかセンスがなかったのか。。。

また来たいと思った。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時10分

2003年08月20日(水)

東京へ [倭月愛々(旧)]

始発に乗るため名古屋駅へ。
5時半前に一本出るが、豊橋への電車はなんと、6時までない。
のんびりと駅を目指す。
おかげで柳橋中央市場を覗くことが出来た。
こんな大都市の駅前に市場が残っているのは驚き。
マルナカ食品センターでかいと思ったら2階以上はすべて駐車場だった。
最近は町全体凋落著しいらしい。

10時過ぎに熱海に到着。
網代の干物屋と定食屋で朝飯をと考えていたが、面倒になって熱海港の釣り船屋のめしを狙うことに。
死臭が漂う観光地も脱皮中とみえ至る所で大きな工事をしている。まだまだブランド力はあるのか平日だが駅前にはそこそこの人はいた。
で、いつもの第一富士丸で鰺のたたきを頂く。こんな店でも熱海価格。まぁ美味いからよしとする。しかもここで働いてる若い奥さんいつも僕好み。

熱海のサンビーチもこの数日の好天もあってかなりの賑わい。

熱海港の脇にマリンスパ熱海という温泉やプールがなどが楽しめる公共施設が出来て賑わっていた。
中途半端に古くさい熱海の宿をサポートしてくれるいい施設とみた。1300円取られるが、熱海宿泊者は1000円。

熱海後楽園ゆうえんちも解体が進んで何かになるはず。

品川に着いてコンコースに上がるといきなりタイガース。
もうびっくり。
85年の優勝時でさえ、東京でグッズを手に入れようとしたら京橋の阪神航空へ行かないと無かったのになぁ。。。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 07時10分

誕生日イブ [倭月愛々(旧)]

どういう縁かしらないが彼女が石垣島ラー油の辺銀さんに餃子を教えてもらってきた。暖め直しだったけど十分美味かった。皮と餡ももらってきたので彼女が作ってくれたが申し訳ないが暖め直しの勝ち。ペンギン食堂も子供が落ち着いたら復活のようなのでちょっと安心。そのかわり石ラーの量産体制に入ってるらしい。確かに沖縄行くとどこへ行っても売っている。
で、
0時を狙って彼女がコヌレのケーキを。
でも、おれ昼の2時の生まれなんだけど
って言ってしまう自分に自己嫌悪。
うまいなぁ。酒の効かせ方が絶妙。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時10分

2003年08月19日(火)

名古屋 [倭月愛々(旧)]

祖母と近所のめん処に行く。
母の同級生だそうだ。
カツカレーうどんを食べる。
期待していなかった割にはうまい。
麺もしっかりしている。

祖母のぼけがかなり進んできている。
周りの人は根気良さが求められる。
僕が来ているというので親戚が次々と顔を出してくれる。
従兄弟の飼ってるスミレちゃんも登場。
アイロンは先輩風ふかして倍以上もあるスミレに威張る。
女の戦い(笑)

叔母から小池レコードのオヤジが亡くなったことを教えられた。ウチとも付き合いがあるのを知らず、何度か遊びに行っていた。結局、一枚もレコードは売ってもらうことはなかったけど、残念なこと。合掌。

夜は近所の美味しいトンカツ屋に行くつもりが、盆休み。
近くの丸小に行くことに。丸小といえば小汚い感じのいかにも肉屋という趣だったが、とても綺麗になっていた。しかも、飲食もやっているのは知らなかった。
もともとここの肉は美味しいので、しゃぶしゃぶのコースを。
祖母も肉が大好きなので。(というか、まるっとコースを平らげたのにはびっくり)

でも、この楽しい時間も1時間後には祖母の脳のどこかで封印されてしまう訳で、この時間が楽しければ楽しいほどなんともいえない複雑な気持ちになる。

祖母の家から名古屋の駅まで4,50分の道のりを歩くことに。
栄の街が青く染まっていてびっくり。
ドコモのネオンサインでした。
ちょっと度が過ぎる輝度。
居住者のいない地区だからこれでいいのか?
街全体が染まるっていうのは異常だと思う。


夜行列車で帰るつもりが時間を間違えて乗り遅れる。
いまさら祖母のところに戻るのもしんどいのでインターネットカフェで夜明かし。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 08時10分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2003

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.