倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年08月21日(木)

誕生日 [倭月愛々(旧)]

毎年のことだが、淡々と過ごす。
前日までの旅の反動で、恐ろしいほど静かな日中。
夕方まで誕生日というのを忘れていた。
前日、どういう行きがかりか遊園地行こうと言うことで新生後楽園ラクーアに。
サイトを見ると携帯でアトラクションの予約できるということなのでその時間にあわせてその前の腹ごしらえ。
念願のカブール食堂へ。予約していったが僕らが最後の一組だったらしい。入り口に満席ですの貼り紙。大きいテーブルに二人しか使わないのに満席というのはちょっともったいない気がする。キャパの問題でも無いようだから相席でもかまわないと思うのだが。

料理は単品でも取れるけど、選ぶと結局コースと変わらない。
乳酒うめー。パラウというオレンジピールが入った炊き込みご飯(トルコとかのもに近い)やカバブーもうまい。料理出てくるの早いのもうれしい。紅茶も緑茶もカルダモンが効いていて大変気に入った。
スズキコージの壁画が楽しいです。
やばい店。

遊園地に来たのは10年ぶりくらいか。
駅から入るといきなり目当てのサンダードルフィンが爆音をたてて瞬く間に視界から消える。
びびった。

これがドコモのやらしいCFに出てくるやつ。
まさかあれを地でいくとは。。。。
でも、この予約はほんと便利。

30分待ちの行列の脇を一気にすり抜けて割り込める快感。
待ち時間ほとんど無しで乗れる。
しかし、待っている間に少しづつ緊張が高まる感じがなく、あっけなく乗ってしまうというのはある。

こんな角度であっけなく上がっていきます。
しかも、騒音対策でむかしのジェットコースターのような軋む音やカンカンという歯車の音はしないのであれ??って感じでてっぺんへ。
そこからの落下はもう落っこちるというしかない感じ。車両丸ごとフリーフォール。あの感じは思い出すだけで怖い。とてもじゃない手を上げてきゃーーーーなんて言えないわ。
あとはもう早く終わってって感じ。
もうむり、もうむり、もうむり。
恐るべしサンダードルフィン
人生久々に膝が笑う。

観覧車に乗る気力はかなり失せ、ぼ?っと園内を歩く。
汗掻いたので冷たいものをということでサーティーワンへ。
いいタイミングで噴水でショーが始まる。これがなかなかの見応えあるもの。

園内を入場無料にしたのは大変良いアイディア。人が集まり賑わいが出て雰囲気もいい感じ。アトラクションのクオリティーも高い。飲食がちょっとパワー不足なのが残念。後楽園のイメージを敬遠されたのかセンスがなかったのか。。。

また来たいと思った。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時10分

2003年08月20日(水)

東京へ [倭月愛々(旧)]

始発に乗るため名古屋駅へ。
5時半前に一本出るが、豊橋への電車はなんと、6時までない。
のんびりと駅を目指す。
おかげで柳橋中央市場を覗くことが出来た。
こんな大都市の駅前に市場が残っているのは驚き。
マルナカ食品センターでかいと思ったら2階以上はすべて駐車場だった。
最近は町全体凋落著しいらしい。

10時過ぎに熱海に到着。
網代の干物屋と定食屋で朝飯をと考えていたが、面倒になって熱海港の釣り船屋のめしを狙うことに。
死臭が漂う観光地も脱皮中とみえ至る所で大きな工事をしている。まだまだブランド力はあるのか平日だが駅前にはそこそこの人はいた。
で、いつもの第一富士丸で鰺のたたきを頂く。こんな店でも熱海価格。まぁ美味いからよしとする。しかもここで働いてる若い奥さんいつも僕好み。

熱海のサンビーチもこの数日の好天もあってかなりの賑わい。

熱海港の脇にマリンスパ熱海という温泉やプールがなどが楽しめる公共施設が出来て賑わっていた。
中途半端に古くさい熱海の宿をサポートしてくれるいい施設とみた。1300円取られるが、熱海宿泊者は1000円。

熱海後楽園ゆうえんちも解体が進んで何かになるはず。

品川に着いてコンコースに上がるといきなりタイガース。
もうびっくり。
85年の優勝時でさえ、東京でグッズを手に入れようとしたら京橋の阪神航空へ行かないと無かったのになぁ。。。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 07時10分

誕生日イブ [倭月愛々(旧)]

どういう縁かしらないが彼女が石垣島ラー油の辺銀さんに餃子を教えてもらってきた。暖め直しだったけど十分美味かった。皮と餡ももらってきたので彼女が作ってくれたが申し訳ないが暖め直しの勝ち。ペンギン食堂も子供が落ち着いたら復活のようなのでちょっと安心。そのかわり石ラーの量産体制に入ってるらしい。確かに沖縄行くとどこへ行っても売っている。
で、
0時を狙って彼女がコヌレのケーキを。
でも、おれ昼の2時の生まれなんだけど
って言ってしまう自分に自己嫌悪。
うまいなぁ。酒の効かせ方が絶妙。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時10分

2003年08月19日(火)

名古屋 [倭月愛々(旧)]

祖母と近所のめん処に行く。
母の同級生だそうだ。
カツカレーうどんを食べる。
期待していなかった割にはうまい。
麺もしっかりしている。

祖母のぼけがかなり進んできている。
周りの人は根気良さが求められる。
僕が来ているというので親戚が次々と顔を出してくれる。
従兄弟の飼ってるスミレちゃんも登場。
アイロンは先輩風ふかして倍以上もあるスミレに威張る。
女の戦い(笑)

叔母から小池レコードのオヤジが亡くなったことを教えられた。ウチとも付き合いがあるのを知らず、何度か遊びに行っていた。結局、一枚もレコードは売ってもらうことはなかったけど、残念なこと。合掌。

夜は近所の美味しいトンカツ屋に行くつもりが、盆休み。
近くの丸小に行くことに。丸小といえば小汚い感じのいかにも肉屋という趣だったが、とても綺麗になっていた。しかも、飲食もやっているのは知らなかった。
もともとここの肉は美味しいので、しゃぶしゃぶのコースを。
祖母も肉が大好きなので。(というか、まるっとコースを平らげたのにはびっくり)

でも、この楽しい時間も1時間後には祖母の脳のどこかで封印されてしまう訳で、この時間が楽しければ楽しいほどなんともいえない複雑な気持ちになる。

祖母の家から名古屋の駅まで4,50分の道のりを歩くことに。
栄の街が青く染まっていてびっくり。
ドコモのネオンサインでした。
ちょっと度が過ぎる輝度。
居住者のいない地区だからこれでいいのか?
街全体が染まるっていうのは異常だと思う。


夜行列車で帰るつもりが時間を間違えて乗り遅れる。
いまさら祖母のところに戻るのもしんどいのでインターネットカフェで夜明かし。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 08時10分

2003年08月18日(月)

高松から名古屋へ [倭月愛々(旧)]

連れが朝イチの飛行機で東京に。
僕はそのまま宿のそばの松下からはじめる。連れを気にせず歯止め無く暴走。徒歩とはいえ2時間で6軒でグロッキー。森製麺所と高松市役所食堂は断念。

松下 この狭い店に近所の高校生やら地元のおっさんが小腹を満たしにくる姿を見ていると、それに参加している自分がうれしい。天かすがいけます。

松家 今日は細いのん冷たいのん1玉、太いのん温いのん1玉。やっぱり早い時間の太いのんはうまい。細いのんも早い時間で冷たいのんだとけっこういけるんだね。

うどん市場 定食などが多いので遠慮しがちだがなかなかどーしてこしのある麺。近所にほしい一店。

丸山 ふつうになごめてしまう。意味不明にいつも長居してしまう店なんです。麺はちょっと気合い不足。天ぷら揚げたてに当たればうまい。

さか枝 完全セルフなのになぜかいつもぶっかけを頼む。好きなの。しょうがとごまと天かすと出汁のハーモニー。煮てない揚げがあれば完璧なんだけどなぁ。僕の好きなうどん。

竹清 揚げ場のおばちゃんの好みのタイプじゃないのに半年以上前に来たのを憶えていてくれたのはびっくり。でも好みじゃないから声も上ずってくれないしサービスもなし(笑)今日は麺がいままでで最も出汁とフィット感あった。


H?いもたいがいにして、マリンライナーに。
坂出のコンビナートが番の州という広大な浅瀬を備讃航路の浚渫土砂を使って埋め立てたため、桁違いの坪単価で広大な埋め立て地を作ることができたという話を丸山に来ていたお客さんに教えてもらった。親父さんが漁師で番の州を追われた補償金で土建屋に転向したがうまく行かなかったという。
浅瀬が魚にとってどれだけ大事かをあの当時誰も認識していなかったことは凄いこと。たかが4,50年前の話。浅瀬の藻場は漁師にとって邪魔なものという認識しかなかったとは。。。。そして、鯛がいなくなった。
姫路城
こんなに誘われたら入るしかないでしょう。
きっと外すけど。
やっぱり。
でも讃岐うどんから口を俗世に戻すにはちょうどよし。
あーまずぅ。
商店街には延々とこれが、、、
あーここは兵庫県か。

姫路から豊橋までのJRの快速列車の座席の快適さは犯罪!
他の地方の人はこれ別に乗車券が必要ではないかと思うくらい。
首都圏の人は怒るべきだわ。
同じ料金払ってるんだから。
会社違うけどさ。
ということで快適に爆睡して名古屋へ。
僕が来るといつも祖母は近所の福づちの鰻を取ってくれる。
この岡持というのか名前がわからないがお重が4つはいる入れ物がかわいい。
吸い物がやかんで来るのもうれしい。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 09時10分

2003年08月17日(日)

讃岐の旅 [倭月愛々(旧)]

朝の一軒目。
豊中という高松から30キロ近く離れているところなので高速をぶっ飛ばす。
阿波踊りの疲れが抜けきっていない連れの目覚めが悪く出発が遅れたので。。。。
うどんの旅は朝6時出発が基本だよ????????!

で、上杉食料品店です。
旧道に取り残された地元のための商店という感じ。
食料品店の奥にテーブル席があり、その奥が製麺所になっている。
麺はツヤがあってコシがありすぎないバランスがよいもの。わざわざ早起きする価値十分あり。うまい。
天かすも僕好みのこまくて甘みがあるもの。

場巣という名の居酒屋。
昼定食もはじめました。
田んぼの中にいきなり出没する。
ちょっとこわい。かなりこわい。
手前の県道を左手よりくると二台のバスに睨まれるわけで。。。
三角形の土地に合わせてバスが2台ずれて並んでるって画が実はびみょ?に来る。

幹線道路でも何でもない畑の中を抜ける道の脇に突然、青空市場まゆやまは現れる。

あとでわかるのだが、このあたりは地域をあげてこのような産直市場をあちこちでやっている。

おのおののブースの木箱にお金を投入。

無人販売所の集まりみたいな感じ。

日用雑貨まで売っている。

やまうち
市をいろいろと覗いて興奮冷めやらないまま到着。
ついに駐車場の整理員を雇うほどになった。
今日はちょっとゆるめでしたが、出汁はうまい。
むっちゃ好き。
でも演歌のポスター減ってこざっぱりしちゃったな。

赤坂製麺所
山越などの土日休み系がこのへん多いので谷川までの時間つぶし&連れをわらかそうと思い赤坂に。
旧道にある看板が小綺麗になっていておやっと思うと裏の駐車場も整理されて日よけなどが出来てる。
店にはいるとカウンター奥に若い兄ちゃんが2人いてびっくり。
麺は相変わらずの緩さ。はさみで切るネギ。
ばあさんどうしたのかと思ったら奥で座り込んでる。
身体よくないらしい。
ちょっと肩すかし。

いなか
3枚別々の店名の看板あったが、ついにいなかに一本化したらしい。
地元の人が食べてんだか暇つぶししてるんだかわからないところがこの店。
超脱力店。
赤坂ついでに。

谷川米穀店
もう行く度にびっくりする混雑ぶり。
山間の県道がここだけ100メートルほど両側に駐車車両に溢れてる。
子供連れでこんな店くるな!
4人で2杯しか頼まず子供にだらだら食わせるな!
グループできて他の人食べ終わるまで待つな!
注文するときになって考えるな!
わからなかったら前もって周りに訊け!
じゃなきゃ前の人と同じ注文しろ!
うまい。
唐辛子うまい。
でも、わざわざこの山奥まで来て並んでまで食べるべきか疑問。
麺の香りが弱いのとのど越しが物足りないのかも。

上原製麺所
一気に海まで下る。坂出!
閉まっているとわかっていたがとりあえず覗く。
しまってた。ざんねーん。
こんどこそソフト麺のような袋破って茹でられる麺がなぜこんなに美味いのかしりたいなぁ。


エミちゃんけんざ???い!
細くて延びのある麺が僕の好みなんだけど、今日はちょっと力不足。でもなんだかうまい。
ポン酢と醤油とともに当たり前のように味の素が出されるところが肉体労働者の店の証(笑)
もちろん使わないけどね。
みんながんがん使ってます。

根っ子
ジャングルうどん!
閉店間際だがそこそこ腰ある。
出汁はちょっとくさい。
そろそろうどんに食べ飽きてきたので低めの評価。

多度津 桃陵公園
で、少林寺の上にある多度津港を見下ろす公園で昼寝。
まだまだ野良犬集団健在。
今日は麓が霧かかっていて、瀬戸内の島や平野の山々が浮いているようできれい。

金比羅さん
腹もふくれたので金比羅さんに今回も登る。
連れが阿波踊りの後遺症あるためのんびりと。

こんぴら狗開運みくじ
この犬の背を開くとみくじがある。
100円なのにみくじと小さくてかわいい金メッキの犬のおまもりがついてくる。これおすすめ!
ちなみに大吉引いてしまう。

疲れた身体に甘味。いつもの灸まんで。ほんと生き返る。

レンタカーを8時までに返すのを忘れていて気が付くと6時半。
ひえ??????
でも、番の州を爆走して瀬戸大橋を連れに見せる。
ほんとは、番の州の脇に地元の人もあまり知らないすごい素敵なビーチがあるんだけどなぁ
行きたかったなぁ
で、高松最後の夜は、日曜&盆でどこも休み。
瓦町の線路に沿った飲屋街のはずれにのれんも提灯も無印の怪しげな店発見。
よくみると「めし汁中村大輔」という細い木札が。。
おそるおそる入ってみると、ふつうの飲み屋というかメシ屋というか。
なんでもそこそこうまい。
夜遅くや日曜でも開いてるという意味で大切な店かも。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 05時52分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2003

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.