倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年08月18日(月)

高松から名古屋へ [倭月愛々(旧)]

連れが朝イチの飛行機で東京に。
僕はそのまま宿のそばの松下からはじめる。連れを気にせず歯止め無く暴走。徒歩とはいえ2時間で6軒でグロッキー。森製麺所と高松市役所食堂は断念。

松下 この狭い店に近所の高校生やら地元のおっさんが小腹を満たしにくる姿を見ていると、それに参加している自分がうれしい。天かすがいけます。

松家 今日は細いのん冷たいのん1玉、太いのん温いのん1玉。やっぱり早い時間の太いのんはうまい。細いのんも早い時間で冷たいのんだとけっこういけるんだね。

うどん市場 定食などが多いので遠慮しがちだがなかなかどーしてこしのある麺。近所にほしい一店。

丸山 ふつうになごめてしまう。意味不明にいつも長居してしまう店なんです。麺はちょっと気合い不足。天ぷら揚げたてに当たればうまい。

さか枝 完全セルフなのになぜかいつもぶっかけを頼む。好きなの。しょうがとごまと天かすと出汁のハーモニー。煮てない揚げがあれば完璧なんだけどなぁ。僕の好きなうどん。

竹清 揚げ場のおばちゃんの好みのタイプじゃないのに半年以上前に来たのを憶えていてくれたのはびっくり。でも好みじゃないから声も上ずってくれないしサービスもなし(笑)今日は麺がいままでで最も出汁とフィット感あった。


H?いもたいがいにして、マリンライナーに。
坂出のコンビナートが番の州という広大な浅瀬を備讃航路の浚渫土砂を使って埋め立てたため、桁違いの坪単価で広大な埋め立て地を作ることができたという話を丸山に来ていたお客さんに教えてもらった。親父さんが漁師で番の州を追われた補償金で土建屋に転向したがうまく行かなかったという。
浅瀬が魚にとってどれだけ大事かをあの当時誰も認識していなかったことは凄いこと。たかが4,50年前の話。浅瀬の藻場は漁師にとって邪魔なものという認識しかなかったとは。。。。そして、鯛がいなくなった。
姫路城
こんなに誘われたら入るしかないでしょう。
きっと外すけど。
やっぱり。
でも讃岐うどんから口を俗世に戻すにはちょうどよし。
あーまずぅ。
商店街には延々とこれが、、、
あーここは兵庫県か。

姫路から豊橋までのJRの快速列車の座席の快適さは犯罪!
他の地方の人はこれ別に乗車券が必要ではないかと思うくらい。
首都圏の人は怒るべきだわ。
同じ料金払ってるんだから。
会社違うけどさ。
ということで快適に爆睡して名古屋へ。
僕が来るといつも祖母は近所の福づちの鰻を取ってくれる。
この岡持というのか名前がわからないがお重が4つはいる入れ物がかわいい。
吸い物がやかんで来るのもうれしい。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 09時10分

2003年08月17日(日)

讃岐の旅 [倭月愛々(旧)]

朝の一軒目。
豊中という高松から30キロ近く離れているところなので高速をぶっ飛ばす。
阿波踊りの疲れが抜けきっていない連れの目覚めが悪く出発が遅れたので。。。。
うどんの旅は朝6時出発が基本だよ????????!

で、上杉食料品店です。
旧道に取り残された地元のための商店という感じ。
食料品店の奥にテーブル席があり、その奥が製麺所になっている。
麺はツヤがあってコシがありすぎないバランスがよいもの。わざわざ早起きする価値十分あり。うまい。
天かすも僕好みのこまくて甘みがあるもの。

場巣という名の居酒屋。
昼定食もはじめました。
田んぼの中にいきなり出没する。
ちょっとこわい。かなりこわい。
手前の県道を左手よりくると二台のバスに睨まれるわけで。。。
三角形の土地に合わせてバスが2台ずれて並んでるって画が実はびみょ?に来る。

幹線道路でも何でもない畑の中を抜ける道の脇に突然、青空市場まゆやまは現れる。

あとでわかるのだが、このあたりは地域をあげてこのような産直市場をあちこちでやっている。

おのおののブースの木箱にお金を投入。

無人販売所の集まりみたいな感じ。

日用雑貨まで売っている。

やまうち
市をいろいろと覗いて興奮冷めやらないまま到着。
ついに駐車場の整理員を雇うほどになった。
今日はちょっとゆるめでしたが、出汁はうまい。
むっちゃ好き。
でも演歌のポスター減ってこざっぱりしちゃったな。

赤坂製麺所
山越などの土日休み系がこのへん多いので谷川までの時間つぶし&連れをわらかそうと思い赤坂に。
旧道にある看板が小綺麗になっていておやっと思うと裏の駐車場も整理されて日よけなどが出来てる。
店にはいるとカウンター奥に若い兄ちゃんが2人いてびっくり。
麺は相変わらずの緩さ。はさみで切るネギ。
ばあさんどうしたのかと思ったら奥で座り込んでる。
身体よくないらしい。
ちょっと肩すかし。

いなか
3枚別々の店名の看板あったが、ついにいなかに一本化したらしい。
地元の人が食べてんだか暇つぶししてるんだかわからないところがこの店。
超脱力店。
赤坂ついでに。

谷川米穀店
もう行く度にびっくりする混雑ぶり。
山間の県道がここだけ100メートルほど両側に駐車車両に溢れてる。
子供連れでこんな店くるな!
4人で2杯しか頼まず子供にだらだら食わせるな!
グループできて他の人食べ終わるまで待つな!
注文するときになって考えるな!
わからなかったら前もって周りに訊け!
じゃなきゃ前の人と同じ注文しろ!
うまい。
唐辛子うまい。
でも、わざわざこの山奥まで来て並んでまで食べるべきか疑問。
麺の香りが弱いのとのど越しが物足りないのかも。

上原製麺所
一気に海まで下る。坂出!
閉まっているとわかっていたがとりあえず覗く。
しまってた。ざんねーん。
こんどこそソフト麺のような袋破って茹でられる麺がなぜこんなに美味いのかしりたいなぁ。


エミちゃんけんざ???い!
細くて延びのある麺が僕の好みなんだけど、今日はちょっと力不足。でもなんだかうまい。
ポン酢と醤油とともに当たり前のように味の素が出されるところが肉体労働者の店の証(笑)
もちろん使わないけどね。
みんながんがん使ってます。

根っ子
ジャングルうどん!
閉店間際だがそこそこ腰ある。
出汁はちょっとくさい。
そろそろうどんに食べ飽きてきたので低めの評価。

多度津 桃陵公園
で、少林寺の上にある多度津港を見下ろす公園で昼寝。
まだまだ野良犬集団健在。
今日は麓が霧かかっていて、瀬戸内の島や平野の山々が浮いているようできれい。

金比羅さん
腹もふくれたので金比羅さんに今回も登る。
連れが阿波踊りの後遺症あるためのんびりと。

こんぴら狗開運みくじ
この犬の背を開くとみくじがある。
100円なのにみくじと小さくてかわいい金メッキの犬のおまもりがついてくる。これおすすめ!
ちなみに大吉引いてしまう。

疲れた身体に甘味。いつもの灸まんで。ほんと生き返る。

レンタカーを8時までに返すのを忘れていて気が付くと6時半。
ひえ??????
でも、番の州を爆走して瀬戸大橋を連れに見せる。
ほんとは、番の州の脇に地元の人もあまり知らないすごい素敵なビーチがあるんだけどなぁ
行きたかったなぁ
で、高松最後の夜は、日曜&盆でどこも休み。
瓦町の線路に沿った飲屋街のはずれにのれんも提灯も無印の怪しげな店発見。
よくみると「めし汁中村大輔」という細い木札が。。
おそるおそる入ってみると、ふつうの飲み屋というかメシ屋というか。
なんでもそこそこうまい。
夜遅くや日曜でも開いてるという意味で大切な店かも。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 05時52分

2003年08月16日(土)

饂飩の旅 [倭月愛々(旧)]

徳島を出たのが昼前なので午後からのスタート。
しかもお盆の土日という悪条件。
まずは、インターからのアクセスで今まで閉店遭遇率抜群(笑)のあたりやへ。
パチンコ屋の駐車場のはずれのプレハブという立地が何度行っても笑える。

麺はあいかわらず重量級なかんじ。
巡りの端にはちょうど良し。
なにより、ここの水が大好きです。

で、次はカルボナーラの三徳へ。
月釜しょうゆうどんという名なのですが、付いてくる薬味はネギ以外使わず、隠し味にセルフのところのかけ汁を拝借するのがポイント。
薬味は天ぷら取ったら使う感じ(笑)
醤油は風味付けにちょっと落とすだけ。
なぜなら、ここの麺はかなりしょっぱいから。
麺のミネラルな塩味に玉子と小麦の甘みがスーパーハーモニー。
釜玉は山越かここが好き。

この時間でも安定したうどん喰える店と言うことで上原屋へ。
ここの出汁は僕が行った百余軒中では5本の指。
トータルで好きなうどんベスト3。
3時近いのにかなりの賑わい。
七味もうまい!

もう4時近く、徳島でこれでもかというくらいの朝食を摂ったので1時間で3杯で腹も落ち着く。
連れはもうギブ気味なので温泉へ行くことに。
で、まぁ通り道からちょっと外れると池上なので覗いてみることに。僕の印象は昼しかやっていなくてたまに夕方やてるかもという記憶だたが、連れは夕方レギュラーでやってるというので。。。
行ってみるもんで、しっかりとやってました。
外に白い綺麗なテントが建って流行ってることが伺われる。
ばあちゃんは健在。口も健在。
このばあちゃんの身体からどうやってこのしっかりとした麺が生まれるのか不思議。
ふつうにうまい。(讃岐標準で!!)

せっかく池上来たのだから昼のディープトライアングル池上→久保→田井(待良)を回ってあげることに。
久保は農協の建物の裏口のような看板もないロケーションなので(それ自体笑えるが)通り過ぎるだけのつもりがまだ翌日の仕込みで開いていて怖いおかんが見えた。
東京からきたんやけど喰わせてもらえへんかとか言って、おかんにどなられてみよかという誘惑をぐっとこらえて車を出す。

で、そこから程無い海沿いのひなびた住宅街(ところが新築分譲地となって景色は一変してた)のひなびたうどん屋田井(待良)へ。
案の定、盆休みで店の前をうろうろしてるとモルタルとコテをてにしたオヤジが現れる。

やすみを利用して釜を綺麗に補修していたところだった。
せっかくだからと厨房に案内して貰う。(これが女連れのいいところかも!)
こんな釜使ってるところはもうほとんどないねぇと言いつつオヤジの声は得意げだった。
注文の時に覗くだけだった厨房の道具類も昭和初期から止まったような店内同様、味のあるものばかりだった。

すっかり嬉しくなってしまって、今回も田井(たい)食堂と待良(たいら)のどちらがほんとうの店名か聞きそびれてしまった。
ちなみにオヤジの名前が田井なのは隣の住居の表札で明らかなのだが。。。。

で、そこから海側を行くと目指す温泉に行けそうな気がしたのでちょっと車を走らせるとすぐに綺麗な人工ビーチが。
田井もふくめたこの一帯はちょっとした開発ブームなのね。
アイロンを遊ばせがてらの休憩。

そろそろ日も沈みはじめるおもむき。
温泉に浸かりながらの夕景を狙い(ってどんなロケーションかも知らないのに)、目指す神様の湯へ。
国道から不安になるような漁村の狭い道を抜けた海沿いにあった。
とっても大きな日帰り温泉。これで500円なら文句無し。
露天風呂の眺めがよし。
塩サウナよし。

このそばの山を坂出から抜けてきたトンネルを抜けたときの夜景が綺麗だった記憶から五色台を目指す。
地名が神在とか鬼無とか王越とかちょっとしたパワースポットを感じさせる地名でわくわく。
と、国道から山へはいる細い道を登ってる途中に目の前で突然の花火!視界一面に拡がる。
球数は少なかったものの花火見物には持ってこいとしか言いようのない場所で出会えた感動に、ほんと高松に着いてからの良い流れに神と仏に感謝!ってところ。
もちろん、五色台からの夜景は最高でとってもムーディーな世界を満喫。

で、市内にもどり鶴丸も讃岐家も休みのためまたまた五右衛門へ。もちろん極東。
先日ヤマだったあさりうどんがあり、連れが食す。
僕的にはあさりうどん勝負は極東が臭みがある分、引き分けかな。連れはこっちが美味いという。僕があまりにこの店を贔屓にする分、ちょっと引きずられてる気がする。
僕はもちろんカレーうどん。うまい????。麺を冷やしで食べたら美味いんじゃないかと、、、次回の楽しみが。。。。
今日も演技してるんじゃないかと思うほど入り込んでる二人。この画を見てるだけでも楽しい。
カウンターが空いていたのでラッキー。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時10分

徳島から高松へ [倭月愛々 旅]

二葉は町の中央市場の言葉にいつわり無し。
良い品をどこよりも安くの言葉にいつわりなし。
衝撃的な安さ。

しつこいようだが、ほんと安い。
徳島の中心部の土産物屋で一箱2000円の値が付いてるすだちが599円。梨ひとつ35円。イチジク5個で120円。種なしブドウ16房で590円。

しーちゃん念願のスイカ割り。
もちろん二葉スーパーで460円。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時10分

2003年08月15日(金)

徳島 [倭月愛々 祭]

徳島の義弟の実家に寄せて貰う。
徳島市のはずれの津田は漁港と吉野川を下ってきた木材の加工業者の町だったと思われる。古い路地が縦横に走る静かな町。

路地の中に突然八百屋が現れたりして驚く。
狭い路地なので塀が低かったり生け垣だったり、狭い土地にひしめき合ってるのに不思議な開放感とゆとりを感じる。

もちろん、朝の牛乳からタイガースですよ!
しーちゃんにも虎の血を注入中!!

ここまでちびた包丁みるのは久しぶり。

頭とはらわたを取って干したハゼを玄能で叩いて骨を砕く。
これを油で揚げるととんでもなく美味いおやつ。
安い魚を手間暇掛けて美味しく食べる。
すごく素敵な生活。
ほんとひと手間惜しまないだけでこんなに美味くなるとは。

送り火。
この辺は茄子の馬無いみたい。

仏様を送り出してお墓へ。
津田山の麓の墓所。
前日までの雨で湧き水が溢れて川のように。

そのまま広東なる徳島ラーメンの店に連れてきて貰う。
見た目のくどさを裏切るあっさり味。
玉子の黄味がポイント。
5回目の徳島にして初体験。
うまいー

で、かねてより噂を聞いていた茜庵のわらび餅を。徳島の人が結構知らない。老舗の趣なのに。。。
じつは、日乃出本店というぶどう饅頭で有名なべたな老舗の出店らしい。ここのメインの本わらびという生菓子と夏限定の夏のわらびを求める。包んでいる間、奥のお茶席で柚子ジュース(かなり甘い)をもてなしてくれる。

本わらびはやわらかいわらび餅でこし餡をくるんだもの。餡がちょっと甘すぎるが美味い。
夏のわらびはこの餅だけを食べさせてくれるうれしいもの。
まぶしてある黄粉とは別に香ばしい黄粉が別装されていてこれがとても良い。これは探して来た甲斐あり。
日持ちが2日しかしないのでなかなか土産にできない逸品。

昨年より一人増えました。
しーちゃんがいきなり
寿限無寿限無五劫の擦り切れ海砂利の水魚水行末雲来末風来末食う寝るところに住むところやぶら小路ぶら小路パイポパイポパイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助
を諳んじてびっくりする。
あ???にほんごであそぼで憶えたのね。
なんかけっこう流行ってるみたい。楽しい番組だもんね。なにげに予約録画してたりします。

阿波踊り出撃前。
徳島城公園の練習場で肩慣らし。

アイロンはどこへ行ってもスーパー人気者。

川沿いがボードウォークになっていてとっても素敵。
これ見るだけでもけっこう満足できるかもね。

エイサーも今年も参加。
あ?い?や?
の掛け声に
いや?さ?さ?
でレスポンスしながら踊ってたら変な人扱いされた。
意外と東京の方が沖縄モノに慣れているのかも。

俺連
ゲストはいま徳島に住んでいる四代目魚武。

デザイナーのというか饂飩仲間のジュンコちゃん。
娯茶平(ごじゃへい)の三味線担当。決まりすぎ。やばい、惚れる。

娯茶平は徳島最大の連らしい。
ちびっこ連を先頭に他の連を圧倒する鳴り物踊り手。しかも浴衣が渋い。
三味線からはじまり笛、太鼓がだんだんと被っていくオーケストレーションは鳥肌。ミニマムの快感。
そして女踊りの波のような美しさ。
すべてがオーセンティックなスタイル。
はじめは苔作に度肝抜かれたが、これ見てしまうと霞む。。。
この囃子を聴くだけで涙が溢れてくる。
ジュンコちゃんリターンズ





ねぶたはロックで阿波踊りはトランスでした。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 05時57分

2003年08月14日(木)

広島から四国へ [倭月愛々 旅]

宿から向かう途中、江田島のスーパーへ。
ふつうのパック皿の中から地もののタコが澄んだ目で見つめていたりする。

屋根の梁も落ちたので完全崩壊も時間の問題。
こうやって見ると7寸はあろうかという梁がもったいない。
山梨の早川町の過疎対策に関わるよりも足下に問題が転がっているじゃないかという声が聞こえてくる。

使えない木ほど良く伸びる。15メートルを超える高さになった雑木を5,6本切る。成長早いだけに木質柔らかく素人でも比較的簡単に切り倒せる。
とはいうものの、それなりの年月を育った木を倒す瞬間の切ない断末魔の叫びは出来れば聞きたくない音。
年輪見ると20年も経っていない。一年で1メートル直径で1.5センチずつ成長していることになる。
裏の竹林(というかもともとは段々畑)の竹も2?30本切る。
師走に切って東京に持ってきたら一本1万円ぐらいで売っているような立派な孟宗も数本。

慌ただしいスケジュールでゆっくりご先祖様と向き合う間もなく戻る。
車中、原爆で亡くなった叔父(ぼくにそっくり!)のことをふと思い出し爆心地へむかってそっと手を合わせる。
父が突然、盆にあまりに近すぎて叔父の母校の被爆者慰霊祭に出られないことを話しはじめてどっきりする。

18きっぷを使わず、新幹線で。岡山-広島間は各駅停車で3時間弱、新幹線で30分ちょっと。圧倒的なパフォーマンス差。レールスターは何度見てもむずがゆいデザイン。ボリュウム感ありすぎ。

岡山で高松とを結ぶマリンライナーに。
桃太郎の絵柄が微妙。
橋を渡った坂出の高速と鉄道がばらばらの円弧を描いて別れていくミルキーウェイは何度見ても絶景。

高松でレンタカーを拾い、仕事終えて羽田から飛んでくる長谷川さんを迎えに空港へ急ぐ。
と、いいつつしっかり寄り道して古馬場のアーケードの肉まん屋に。うまい???
うどん巡りしてる人とこの店の話をしてもけっこうぽっか??んなのは何故なんでしょうか?
この迫力とロケーションなら気付かぬ訳ないし、美味いもん求めてる人なら試すでしょう!ふつう。。。
にしても高松空港への道は何度行っても寂しくなる。(福島空港ほどではないが。。。)
雨足がどんどん強くなってきた。徳島の義弟に電話すると阿波踊りは10年ぶりくらいの中止とのこと。



連れをピックアップして徳島へは急がずに高松市内に。
鶴丸が休みなのは確認済みだったのでまずはホンモノの五右衛門。
連れはだれぞに五右衛門がもとあったところにそのまんまニセモノの店が出来ているが近づいては行けないと言われたそうだ。
経緯はどうであれニセモノといわれる店もこれだけ続いているのだから意味あるだろうと説教して食べ較べることに。

で、ニセモノ(笑)の極東 五右衛門。
店の雰囲気、店員の応対、うどん打ちと調理担当の兄ちゃん2人の寡黙なスタイルといい僕のツボ。
連れがホンモノで美味しかったはまぐりうどんがこちらはヤマで、僕のカレーうどんで比較。
連れの口にもニセモノが軍配。

なんども言います!
僕は極東 五右衛門のカレーうどんがむっちゃすき。

ホンモノの五右衛門のカレーうどんがもてはやされる理由は正直わからん。
カレーミュージアムが選ぶくらいだからねぇ。。。。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 06時10分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2003

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.