倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年03月16日(日)

東京へ [倭月愛々 早川町]

再取材が5時間ものロングインタビューになり山里は日が暮れる予兆。雨の中、奈良田の里温泉まで。すぐそばの白根館のように日や時間によって泉質が変わるのが特徴なのか、ちょっと薄い。硫黄の香りもないし。循環式じゃないのになぁ。。。なんていってると、見る間に雨が雪に変わり山がどんどん白くなっていく。ぬるい湯にたっぷりとつかり雪道を戻る。同じ町なのにこっちは雨。距離にして30キロ弱、標高差500メートル以上。ほんとうに広すぎる町。
10日間の合宿生活を終える掃除や片づけをぱっとやる。なんとなく夕飯を作りはじめて残った4人で最後の晩餐をする。酒を飲まない夕飯がものすごく新鮮!!!!学生研究員の福永嬢をひとり残して帰路につく。基本的にPCを触らない彼女がこのばかでかい建物にひとりで過ごすってのはすごいな。(僕なら寂しくて死んじゃうわ。じゃなきゃ「温もりステディ」が出来てしまいます)

皆さんご苦労様でした。遊佐君送ってくれてありがとう。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時10分

2003年03月12日(水)

桜平 [倭月愛々 早川町]

今日の朝の散歩は我々が居る交流センターのある薬袋(みない)集落の裏山を登った桜平(さくらんていら)へ。
麓から300メートルぐらいの高さを一気に登る尾根沿いの古道(スキーの上級者コースぐらいの斜度かな)を息切らせながら行くと突然開けるなだらかな平地。これは早川町の特徴で、もの凄く急な山道を登ると突然広い土地が開け、集落が目の前に現れたり、段々畑跡の杉林があったりする。

今は杉林になっているが(等間隔に植林されているが適切な間伐がされていないので全体に貧弱な木々)、桑の段々畑があったことがはっきりと判る。4?50分ほどでここまで上がれるが、毎日この急峻な山を登り桑の葉を刈り取り、何十キロも担いで下りる(ひとつ間違えば落ちるってことに)ってのはとんでもない重労働だったろう。

そのとんでもなく広い平の中程に早川町でも屈指の大きさであったと思われるお社の跡。今は屋根だけが残るが、この場所にこれだけのモノを作れたということが往時の勢いを感じさせる。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 08時10分

木を切るということ [倭月愛々 早川町]

午後は森林組合の方に取材。
毎朝の散歩で古道・けものみちに入ると必ず迷ってしまうほど倒木・雑木・崩壊だらけで山の荒廃ぶりを実感していたので、その辺りを訊ねてみる。
取材対象が僕と歳が近いので、今の荒れた山の状態が当たり前で育って来ているので今の方が少しずつ良くなっているという。森林組合でさえ木の伐採の仕事などなく(安価な輸入材との価格競争力がないため)、イマドキの山師の仕事は荒れた(あるいは荒れそうな)森林の「造林」・「育林」が主な仕事。
木を切れば切るほど赤字になるっていうことは2?30年で商品になる杉などに関して言えばそれが見越せず、放置した林業政策の失敗と言うことになる。
付加価値の高い木というものはなかなか成育しないからなかなか金にならない(だから高いのだけれども)というジレンマ。
樹勢が衰えるのである程度のサイクルで切ることが健全な森の育成には欠かせないと言う。これから一斉に樹勢が衰える森が増えるので山がますます荒れていくのではないか。
畑と違い自分のやっている仕事の評価が次世代という見えにくいところにあることが山師や山の持ち主のモチベーションやモラルに微妙に影響していることは節々に感じられた。

山に人が入らなくなって低いところまで用心深い生き物たちが下りてきている。里でもカモシカを見かけることがあるという。もちろん、猿・鹿・猪などは当たり前のように里に下りてきている。そして、畑の作物・ホダ木で育てている椎茸などの味を覚えてしまい荒らしまくる。小さい畑で細々と自家消費と小遣い稼ぎ程度の作物を育てていたじいさんばあさんの営農意欲をすっかりそいでしまう。
集落に来た人を最初に出迎えてくれるのが、集落を囲むように害獣対策のフェンスと電流線が張り巡らされ、強制収容所の中に人々が暮らしているような異様な光景。
全てが悪循環している。というか、どんどん里が自然に押し返されているというところか。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時10分

2003年03月07日(金)

早川町 [倭月愛々 早川町]

7時新宿発のあずさに乗って雪がみぞれに変わった早川町に10時頃到着
2000人のホームページの取材に参加しています。
ネット環境もしっかりと用意されていますが、その暇もなく山や集落を訪ねて歩いてます。
富士川支流の早川沿いは思いのほか河原が広く山はそびえ立っていますが圧迫感は感じません。
そこから山地に散在する集落がけっこう個性的でおもしろい。
余所者への見えない視線を節々に感じます。
でも道ばたで人に会うことは珍しい。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 09時10分

2003年03月06日(木)

ひさびさの豊嶋くん [A to Z/graf]

grafの豊嶋君が東京に来てるというので飲むことに。
cow booksに寄るというのでもちろんMAHAKALAへ。
ひとしきり大竹さんのネタで盛り上がる。
豊嶋君と大竹さんのロンドンでの出会いもまさにシンクロとしか言いよう無い。
宇和島にアトリエを構える大竹さんが地元の寂れたカラオケパブ(ニューシャネルもそのひとつだったわけで)でお前はまだ軍歌歌うには若いなぁって言われている画も、いかにもで何度聴いてもおかしい。

宇和島に行ってみたくなる。
しまなみ海道も自転車で渡りたいし、、、、
そろそろ讃岐うどんも禁断症状出てきたしなぁ。

クラシマ君の着てるダブ平TシャツやニューシャネルTシャツの意味をカオリが知らなくてちょっとびっくり。
ジャリおじさんを久々に引っ張り出してみる。
ほんと美しい絵本だ。


澤さんがインド土産に大竹さんに買ってきたデジタル・タブラに僕も一目惚れしていまインドから取り寄せてるんだけど、これはまってる人けっこう居るのね。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 04時10分

2003年03月05日(水)

[倭月愛々 中目黒]

今年もちょっとハシリ気味のようですね。
国鉄官舎跡地の早い桜達がもう6分。
目黒川がだいたい2週間あとに咲き始めるから去年ほどではないけど早めではないかと思う。

工事中のイムマヌエル教会に十字架が乗っかった。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 06時10分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2003

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.