倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年02月25日(火)

帰りました [倭月愛々(旧)]

石垣の人々ありがとう。

膨大な量の写真の整理をしつつ、遡って更新していきますので暫しお待ちを。

トミーのパンのミルクパンご機嫌だぜ。
30分掛けて地元の人が買いに行くのも判る。

昼間は東京の寒さを感じなかったが夜になると堪えられなかった。
ミルクパンとまーみやのおにぎり蒲鉾だけで腹減ったがもう外出るのも嫌で布団に潜り込んで寝る。


※15日を追加更新しました。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時10分

2003年02月24日(月)

後田多味噌しょう油製造所 [倭月愛々 沖縄]

何日か前に川平を訪れたときにたまたま見つけ、その雰囲気から一度訪ねてみようと狙っていた後田多味噌しょう油製造所に3度目の正直(けっこう不在の時が多い)でお邪魔させて貰える。

午前中にあらかじめ電話して置いたので、よく来た
ねぇと歓迎してくださる。
シークァーサーのジュースとお茶と味噌とその味噌で漬けたパパイヤの浅漬けという盛大なもてなしに恐縮。

手前が次回造る味噌の原料米。一回で100キロほど使う。四季の穂という地元の米。
奥のプラスチック樽が後述の旦那さんがプレゼントしてくれた仕込み樽。

黒島の牛祭りでも活躍していた大鍋(名前を失念)。
祭りで使うので、字ごとあるいは集落ごとにいくつか常備しているそうです。
これを使って、米、豆、麦を煮込む。

しま醤油の仕込み樽。
麦で麹を造り、煮た大豆と塩とともに3年寝かせます。

樽から出してもろみを味見させてくださる。
いわゆる醤油の香りに加えかなり酸っぱい発酵臭が来る。
ほのかに暖かい。
飲むと酸味が強いクセのある味。
この絞り汁に昆布と鰹節を加え煮出し、寝かせるとしま醤油の出来上がり。
たまたま醤油がなかったので、近くの仲間商店で求めたが昆布と鰹を加えることでまろやかになって酸味が和らいだ感じなっていた。

後田多 保子(shiitada yasuko)さんは代々味噌造りの家だったわけではなく、味噌を造り始めたキッカケは28年前に婦人会の会長さんが集落の女性を集めて昔ながらの味噌作りを講習したことが始まりであった。
昭和50年代といえば高度成長期で石垣でも大手の味噌が幅を利かせるようになって、手作りの安全な食品が減っていることに危機感を感じて味噌造りをはじめる意を決したそうだ。

かといって、主婦であった保さんにお金があろうはずもなく、息子達の進学費用なども必要な時機に売れるかどうかも分からない味噌造りに夫は反対で金銭面での協力は一切無い。
困った保さんは公庫に融資のお願いに行くと、大手の味噌がいっぱい出てるのに今更味噌造りなんてやめた方が良いと説教される。

保さんはこれで諦めることなく、手書きでで収支見積書をきっちり作成してもう一度担当者の許へ。
それを硬い表情で読み終えた彼は、お母さんひとりでこれを作ったのか?と訊ね、よくやりましたねと労をねぎらい事業資金の融資が決まったそうだ。

今は亡き旦那さんは造園業を営んでいたので味噌造りを手伝うことは無かったが、ある日、手伝うことは出来ないけれどと言って仕込み用のポリ樽をひと揃いプレゼンとしてくれた。

その後、このような昔ながらの味噌が珍しがられ口コミで評判が広まり県商工業賞を受賞するまでになり、今では、石垣の公設市場をはじめ空港の土産物売り場でも売られるくらい石垣を代表する味噌になる。
いまは、近所のおばぁ達に手伝って貰い月に1,2度味噌の仕込みを行っている。

保さんは近くの御獄(on)のツカサ(神司のようなもの)だったが足を悪くしたので昨年秋に引退した。23歳の時にくじ引きで3回続けて負けて泣く泣くツカサになったが、年に何十日にも及ぶ勤めの傍らで出来る味噌造りに巡りあったことに感謝しているという。


石垣島の中でも川平は御獄の数が多く、余所者への立ち入りを禁じてしっかりと管理しているという印象があった。
また、集落の入口には道路脇の電柱を使って注連縄が渡してあって、宗教が今なお深く根ざしていることが伺えた。

鰹や鮪やジャコなんかに胡麻やピーナッツを加えて多めの油で炒めて最後にこの味噌を加えて作る油味噌は秀逸です。
幸せな一品。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 09時10分

2003年02月20日(木)

静かな海 賑やかな森 [倭月愛々 沖縄]

誰もいない静かな海
珊瑚の海は波の音すらない
良い天気
肌寒い
もう感覚がウチナーになってる
13度の夜はファンヒーターが恋しい
たぶん 風があるから体感気温が低いのもあるのだろう
石垣の夜は怖い
本当の闇というものが存在する
そして夕方から森が賑やかになる
自然への畏怖や敬意をストレートに感じます

先日のトラブルのおかげで島の抱える産廃事業の問題と役所の関わり方の一端を垣間見ることができた
今日も一宿一飯の情に助けられた
来て良かったと心から思う

ちなみに石垣からは携帯使って書き込んでます。

追記

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 07時10分

2003年02月19日(水)

三線 [倭月愛々 沖縄]

ウエチが習っている会に飛び入り参加
もちろん弾けないので唄で参加
他愛もない歌詞だが心にぐっとくる
豊年の唄いいなぁ
ちょっと はまってみたい世界
ナイチでは難しいよといわれたが
いろいろとテープ買って変えるつもり
そのあとの食事で出たアーサの天ぷらうまかった。
ソーミンチャンプルも。
アーサやフーチバの天ぷらのおいしい作り方も教わった
アイロンの話をしたら(邪魔になると悪いので留守番)、会の参加者のサナエさんが「ひとり暮らしをとことん楽しむ」に出てたアイロンをおぼえてて、かわいい???と言われてものすごくびっくり。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 06時10分

2003年02月18日(火)

あつい [倭月愛々 沖縄]

大きめのトラブル
島の人々の暖かさでかなり復活
陽射しはきつく 汗ばむ
八重山そばは麺が僕の好みではないようだ
これだというのに当たる予感がしない

トラブル追記
17日深夜、疲れていた正もあるのか、ボッとしながら運転
急なカーブを曲がって上り坂に入ったところで黒いものがふっと目の前に
慌ててハンドルきると、衝撃とともに車が横に振られる感じで止まる
高い縁石だがパジェロは乗り越えバンプしてちょうどあった街路樹に
そこだけ運悪く街路樹が生えていて、さらにバンパーとタイヤのちょうど隙間に突っ込んだためミッションがやられる

画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)

画像(90x120)・拡大画像(480x640)

警察に通報し、道路等に物損が無いことを確認
レッカー業者の金城運送を紹介してもらう
そして、今日は車で野宿するつもりだったと伝えると、金城運送の社長が社員寮に泊めてくれることに

よくよくお聴きすると八重山の産廃組合の組合長で、産廃行政からはじまり県や国の行政の矛盾など島の経済をゴミという側面から解説していただけた
沖縄の廃車はリサイクル法によりタイヤ/エアコン/車体/シートなどなどそれぞれ処理方法が全国一律で決まっており、その処理をする施設が県内に無いため、鹿児島に送らねばならず、廃車の費用を考えると野積みしたくなってしまう
石垣の至る所に廃車の山があったが、皇太子の来沖の際に行政の費用を使って一掃した
(多少あやふやな部分もあるのであくまで参考程度に)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 08時10分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2003

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.