倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

倭月(wacky) on Twitter(暫定表示中)

2003年02月11日(火)

鳥越 [倭月愛々(旧)]

朝起きて、TV付けたらワイドショー。
廃墟おたくには有名な五島列島の野崎島をレポートしてた。
いくつもの古代宗教や縄文人の生活跡がある古くから人跡があった島。江戸時代からは隠れキリシタンが移り住みひっそりと暮らしていたが、昭和30年代からガス・水道・電気が順次引かれたことにより現金収入が生活に必要となり、島での生産活動では生計を維持できずに40年代に島民全員で棄島したという因縁の島。
その廃村のあちこちをどうしようもなくオツムの足りない大げさなレポーターが訪ねて回っては大はしゃぎするっていうものなんだけど、神社や教会になんの礼もなく入っていくの。墓地にズカズカ入り込んで倒れてる墓石なで回したり。
異文化(しかも精神文化)に対する敬意を全く感じられない無神経さ。
神社仏閣回っていても思うけど、神殿にはいるときに礼もしない人がほんとうに多いけど、人の家に入るときに挨拶しない人っているか?

鳥越ってちょっと頭悪くて、近所のおばちゃん的な情緒的な報道するけどSCOOPで取り上げるネタは好きだったんだけど、こんなレポート成立させて、番組の最後に視聴者の意見を採り上げてちょっと言い訳して、それでジャーナリストとか言ってる神経どうなんだろう。

宗教的な教育や祖先を敬う教育ほとんど受けてこなかった自分が恥ずかしく、ちょっとムキになってそういうものを勉強しているっていうテンションもあるんだけど、それを差し引いてもおかしくないかな?


怖いタイミングで、五島列島のますだ製麺からうどんが届く。あごダシうまいなぁ。すこし、機嫌が直ってくる。毎年有り難う>俊くん
あれ?なんかますだ製麺ってTVチャンピオンとかに出てるんだね。どんどん有名になって欲しいところ。味さえ落ちなければ。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 05時10分

2003年02月10日(月)

MAHAKALA改装中 [倭月愛々 中目黒]

昼休んで、突貫工事中。
すごい手の早い大工さんでびっくり。
通るたびに立ち止まってしまう。
これで、昼も店ってはっきり分かるわ。
でも、メシ屋って思うかどうかは不明。

で、昼行けないと夜に行くってことで(というか、起きたら19時だった。。。)、長谷川、ますや、みはら、りかこを連れてMAHAKALAへ。
味噌部2次会状態。
もてたい話で盛り上がったところではじめて、男おれひとりじゃんって気付く。
そういえば、飯田の往き還りも僕以外女の子だったんだぁ。。。

これって、彼女たちに女性を感じないって事じゃなくて(って、フォローしてみたりする)、僕が男を忘れてしまってるんだと思う。これって、良いことなのか悪いことなのか、どういうふうに理解して良いのか整理が出来ていない。
父親が単身赴任で不在だったので女系家族に近い雰囲気で育ったせいか女の子遊び大好きで、幼稚園や小学校で縄跳びやままごとに加わってオカマっていじめられたりした。そういわれて男がしちゃ行けない遊びなんだってびっくりして、転校生ってのは遊びのルールが判らないなぁって悩んだりした。
会社勤めしていたときや大工やってたときはわりと男尊女卑な雰囲気の中でどっぷりといたので意識すること無かったんだけど、そこから外れてみると自分が落ち着くポジションって微妙なところにあるような気がしてきた。

身体的(とそれにともなう精神的)な性差と社会的性差ってことにちょっと興味を持ち始めた夜でした。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時10分

2003年02月09日(日)

農園さくらの美沢さんへの御礼のメール(加筆修正) [倭月愛々(旧)]

美沢様
先日は楽しい集まりに参加させていただき有り難うございました。
今回はお客様してしまいましたが、次回からは準備からきっちり手伝わせていただきたいと思います。
美味しいものが食べたいという一心で、食文化そして気が付けば環境問題を意識するようになった邪道な人間ですが、フットワークとお喋りな口と猫の手が何かのお役に立てることができれば大変嬉しく思います。
さいきん、日本をいろいろと旅をしていて思うのは、東京と地方のギャップです。
東京に住む人の全てがそうではないですが、一部の人はちょっと高くても安全で美味しいものにお金払うこと、田舎での不便な暮らしや手つかず(にみえる)自然にお金を払うことを大変望んでいます。
命懸けのけものみちは嫌だけど、コンクリートで固められた無粋な道は勘弁して欲しい。自然を活かして安全のための手すりをつけたりするようなミニマムな改造が逆に手間ひまがかかるならそのためのちょっとした負担であれば喜んで払いたい。しょーもない土産物屋で駐車料金替わりに買わされる土産を考えれば安いもの。
こういう思いがじつは意外と地方の方々には届いていなくて、東京の人に対して何が自分たちの財産で売り物になるのかということに気付かれていなくてほんとうにびっくりさせられます。
自家用にとびきりの美味しいモノ作っているのですから、自信を持って我々に売って欲しい。
いま、こういう声をどんどん色々な土地に行って伝えていきたいと思っています。
スーパーで買うよりも2倍3倍しても、それが安全な食を得るための投資と考えれば安いモノ。しかもその投資は美味しいモノというカタチで還ってくる。ささやかな環境問題への協力。
自分はまだ力が無くて流通を変える力はないのですが、まずは声を届け、素敵な産物を買い、こういう素敵な産物をお作りになっている方々が居ることをアナウンスすることからはじめていこうと思っております。
もし、なにかお手伝いできる余地がございましたら是非お声を掛けていただきたいと思います。
モットーは「お声を掛けて頂ければ便所掃除から致します」です。

帰り道、三原と興奮して話し込み、休憩するのも忘れて運転しまい気が付いたら東京に着いてしまいました。
色々な刺激と気付きをさせてくれた一日でした。
ほんとうに有り難うございました。

脇本

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 09時10分

かき酢と塩イカ [倭月愛々(旧)]

帰り道のスーパーで屯での話に出てきた「塩イカ」を探す。
大きなコーナーを作って置いてあった。こっちではほんとうにポピュラーな食べ物なんですね。
イカを塩漬けにして半生(ほぼ生か?)状態で保存できるようにしたもの。
予想通り日本海が産地(福井、でもイカそのものは輸入)でだった。たぶん、昔は富山か糸魚川から街道で運ばれたものだと思う。

三原のお奨めのマルマンのかき酢も試しに買ってみる。これも大変美味しく、毎日飲んでます。もっと買って来たら良かったと後悔。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 06時10分

味噌部 [倭月愛々(旧)]

長野県飯田市の市民セミナー食塾の味噌作りの会に特別に参加させてもらう。
南風食堂がいいだ発酵フェスティバルに参加した際に知り合ったのが縁とのこと。

会場は飯田インターから1分の飯田市伊賀良公民館(通称フォーラムイガラ)。
料理実習室という小学校の家庭科の時間を彷彿とさせる部屋。

食塾を主宰されている農園さくらの美沢さんから本日の説明を受ける。
食塾会員の方々がとってもいい感じで今日一日楽しく過ごせることを確信した瞬間。

我々が集合した9時にはすでに釜の火興しも終わっており薪割りがちょっと残っているだけ。
薪割りはじめての人が多く変わりばんこに薪割り体験。

前日から水にかしておいた大豆は水が沸騰する前にすでに膨らみはじめている。
沸騰して吹きこぼれるようになってからの火加減の調節が難しい。
なんども吹きこぼしてしまいびっくり水のお世話に。
煮え具合のチェックと称して何度も豆食べるが、芯があるウチから甘くて美味しい。
茹で上がりの直前には一帯に甘い香りが立ちこめて豆乳にして飲みたくなる。

シェフの作る鍋のためのストーブの準備。
小学校の時の石炭ストーブを思い出すと言ったら体験者はねぇさんだけだった。
僕は新宿の小学校だったんだけどなぁ。。

僕が釜の火当番をしている間に、お昼ごはんの準備が着々と進んでいます。
尾曽さんの指導のもと、五平餅を作っている。
二人がかりでつぶれたきりたんぽのようなカタチを作る。

型を利用して丸餅タイプも作っている。

ストーブの火興しが終わりスープを煮込みはじめる。
豆の煮込みも佳境に入り、オキを利用して出来上がった五平餅の素焼きをはじめる。

素焼きを終えた餅に味噌を塗りもう一度焼く。
味噌は胡桃を擦り込んだもの、紫蘇を擦り込んだものなどいろいろな味を用意。
春夏であればエゴマ、山椒などを使うと風味豊かで美味しいでしょう。

けっこうな量の五平餅が出来たので、急遽ブロックで即席コンロを作る。
豆も煮えたので、釜よりオキを全て下ろして大きな焼き場が出来る。
シェフが手に入れてきたアマゴも焼く。
飯田を山に入った沢の奥に日本中のアマゴの養殖地へ卵を提供している養殖場があり、そこで卵を取り終えたアマゴを譲り受けたとのこと。
ちょっとした山の観光地で食べるアマゴはこいつが親なんだね。

全て焼き上がり、午後の味噌造りに備えて腹ごしらえ。
食卓には五平餅(2タイプ)、スープ、アマゴに加え、尾曽さんがお作りになったお香々、梅干し、キムチなどが並びとっても贅沢な食卓。

美沢さんのトマト(甘いの甘ないの!)
以下、尾曽さんの手作り
干し柿の菓子2種(シナモン加えた白餡が秀逸!)
イカの味噌漬け
たくあん
キムチ
梅干し3種
梅の蜂蜜漬け2種

飯田は小梅の産地だそうで、確かに至るところで梅を見かけた。
尾曽さんより梅干しをはじめとして梅の様々な利用法を教えてもらう。

麹を米袋から明けて広げ、ほぐす。
あらかたほぐし終えると塩をまんべんなく撒いてよくかき混ぜる。
麹は酒蔵から分けてもらったものと言うことなので白麹ということになるのかな。。。

麹を両端に寄せ集める。
豆の到着を待つのみ。

とっても甘い香りを漂わせている豆を釜より掬う。
灰汁も味噌の風味となるので取り除かない。
皮も取り除かない。

ミンチャーに豆を入れ挽く。
ひと家庭分程度を作るような量が少ないときはすり鉢などで擦りつぶすと良いそうだ。

なかなか懐かしいスタイルのミンチャー。
モーターは東芝製。

挽かれた豆がニョロニョロと出てくる。
茹で上がったばかりの豆なのでかなり熱い。

挽いた豆を先程準備したテーブルに広げてほぐして人肌くらいになるまで冷ます。

ここからは全員で豆と麹をひたすら混ぜる。
水気が足りないときは豆の煮汁を適宜加える。
あとは、ひたすら混ぜる。

混ざり切ったら消毒した容器に出来上がった味噌種を空気を入れないようにこぶしで押し叩きながら慎重に詰めていく。
これがいちばんしんどい。
汗まみれになる。

仕込んだ味噌を頂き、後片付けを終え公民館を後にする。
向かいには南アルプス、後ろには木曽の山並みに囲まれて空気も水も最高でした。

農園さくらのページで少しでも感じていただければ幸いです。













Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時10分

2003年02月08日(土)

頭痛の一日 [倭月愛々(旧)]

ジンタナ@doelMILKのキャッシャーのミキちゃんの誕生会がwombのレストランであるので出かけようとしたら電話。
休日に自分の会社のページをいじってたら掲示板とかが壊れちゃって、システムの人も捕まらないって泣きが入る。
状況聞くと自分のセクションのページだけアップロードしようとして丸ごとアップされてcgiなんかも丸ごと上書きされちゃったような感じ。
当然、パーミッションなんてちんぷんかんであちゃ??
仕方なく、表参道まで。10分かからない距離とはいえ寒いっちゅうの。
windowsマシンだとしんどいなぁと思ったらそこのセクションはMac!さすがデザイン部門。
でも、これwindowsのソフトなら起こらなかったんだろうなってミス。システム管理者もちょっと盲点になってたとおもう。でも、完璧にアクセス権限の与え方間違ってるんだけどなぁ。。。
しかも、悪戯心でシステム管理者のハンドルネームと社員番号使ってみたらどこまでも行けちゃいました。見なかったことにしよう・・・・・

制服着たOLと二人きりの深夜のオフィスなんてシチュエーション、すげぇ久々でちょっと欲情しましたが、ぐっっとこらえて帰る。帰りましたよ。まじで。

帰る途中で、別の子から今日終電無くなりそうだから泊めての電話。ぐっっとこらえて断る。

病み上がりは無理しない程度の大人になりました。

ジンくん誕生日おめでとう!大きな会社入ってもやばい心失わないあんたは素敵。
ヨッシーに逢いたかったなぁ。wombに移ってから会ってない。残念。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 05時10分

代々木忠 [倭月愛々(旧)]

ルパンakaほしぶどうもお気に入りの監督。ルパン同様、僕もダビングして作品残してる数少ないAV。
先日の焼き肉屋で、ヨヨチューと終えた後の女の子の顔が輝いてるって話で盛り上がったこと思い出し、病み上がりで部屋でのんびりしがてら景気付けに眺める。
見てるウチに盛り上がって来て、昔の愛染恭子のやつや蛸のやつとか見たくなって探したけど見付からず。近場のビデオ屋6軒回るも無く、五反田まで行ってしまう。
が、しかし、
そこには在ったのだが、レンタル中だった。2本とも。
なんとなく同志が居た気分がして妙に満足して帰る。
アテナ映像には御世話になりっぱなしの人生です。
でも、今日は御世話になりませんでした。いやなれませんでした。病み上がりの頭痛のせい。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 04時10分

2003年02月07日(金)

流行モノ [倭月愛々(旧)]

今日は一日中インフルエンザと格闘。
尋常じゃない高熱。
23時過ぎに勝利宣言。
身体が動くようになる。
でも、クスリ使わずに治すと打ち勝ったぜって感じがしてうれしい。
ビタミン剤を大量消費してるから高くついてるけどなぁ・・・
10リットル近く摂った水分がまんま汗になったようなので、羽毛布団もやばいくらいウエッティ。
加湿器2台で部屋中湿気てるので、アイロンは嫌がってベランダで寝てる。
ぞっとするぐらい、部屋が散らかってる。ステディが居ないとこういうとき辛いね。塩水呑むのもつらくなってコンビニ行こうとしても階段降りれない。

十勝新津製麺がまたまたやってくれた。
ローソン限定さぬき「風」うどんのカップ麺。
値段が260円だから香川では死んでも売れないと思うが、どんべえのうどんとは思えぬうどんしかなかった時代からは想像も出来ない仕上がり。あくまでカップ麺でここまでやれるんだって意味で凄いってことだけど。
ただ、まだ立ち上がりロットなのか、麺の戻りにムラがあるのが難点。
チンチンに沸かした熱湯を使い、2分くらい経ったら麺をほぐすのがコツ。出汁が濃いめなので全部入れない。大根おろしも使わない。
ローソンのカップ麺の充実ぶりはダントツだね。バイヤーが凄いんでしょう。
新津社長もナイスグルーヴ。
さぬき麺業ってのはどうかなぁ。あの大きさの店にしてはしっかりとしてる方だけど、終わってる店だよね。


<後日談>
EZ!TVでやってたらしいね。さぬき麺業の名前も新津社長が先代の元で修行した縁と言うことらしい。誰かビデオ撮った人居ないですかね。新津社長ファンとしては見落として悲しい。。(情報サンクス!>たかし)

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時10分

過去のニュースへ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2003

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

一服企画 ほるもん

BBQ最高会議餅つき普及委員会

脇本秀史 aka 倭月(wacky)

ワキモトヒデシ
現在 勤め人
中目黒から弘前、西小山と渡っていまは大阪・鶴橋の市場脇に住んでます

各種SNSにも顔あります
(紹介リクエストはお会いしたことのある方のみ〕
orkut
http://www.orkut.com/Home.aspx?xid=13743623379446456230
GREE
http://gree.jp/5347/
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=32620


RSS1.0 powered by a-blog

[Login]

Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.