倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

2009年06月20日(土)

広島そして江田島へ思いつきの旅 [倭月愛々 広島]

父の生家江田島へ行くことに
きっかけは、嫁が去年行ったときにいっぱいゲッットできた梅に味をしめてリターンズをってところから
まぁ、今年は早かったからもう終わってるはず
でも、なんとなく墓参りに行きたくなったので日帰りで
朝6時発で10時すぎに広島入り

画像(120x90)・拡大画像(800x600)
画像(120x90)・拡大画像(800x600)

まずは乾きを潤す
フルーツ田丸
フレッシュジュース
今日はパイナップル!

そのあとchocolateへ行くが今日は臨時休業中

そのまま平和記念公園へ
やまももがたわわに実る
原爆死没者慰霊碑に向かう
学徒動員で爆心地近くで行方不明の叔父を見舞う
慰霊碑から原爆ドームを抜くところで記念写真を撮っている団体旅行の学生
なんともいわれぬ違和感と憤り

「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」
公的に反米を掲げにくい社会、日本人の贖罪意識が生んだ主語曖昧な日本的な碑文
僕は名文解釈は人それぞれがすれば良いと思う
僕の解釈の主語は「僕らは」です
日本国民でも世界市民でも反戦家でもなく、死ぬのが嫌な人達です

土徳がロスアンゼルスで公開されたようです

画像(120x90)・拡大画像(800x600)

そのまま近くの新華園の本店へ
昨年はスケジュールの都合で行けず、南風みはーが一人で行って楽しんできやがった店
広島冷麺の元祖といわれてる
噂などにちょっとびびりながら入店
こういうおっかないと噂の店は普通にしていたらまずは何も起きないですから
あの親父さんはお歳なのか、娘さんのパワー炸裂
ひさしぶりに、理解不能な速射砲広島弁のシャワー
常連さんに囲まれながら楽しく美味しく頂いた
キャベツ ねぎ からし菜 そして辛くてすっぱいシンプルなタレ
キャベツも冬に来たらものすごい美味いんだろう
夏でこの美味さですからね

この麺がまたうまい 麺だけでもくいたいな

常連以外は写真など撮れませんからこちらで

画像(90x120)・拡大画像(600x800)

フェリーを使わず呉経由で橋2つ使う
ということで、
それはそれは素敵な江田島ローカルフリーペーパーBridgeが去年の号でプッシュしていた呉の素敵な八百屋ベネスティへ向かう
入ったとたん、喰わされる喰わされる
食べてみて? たべてみて?

画像(180x240)・拡大画像(600x800)

はいトマト!
昔のトマトの野性的な感じを意識してるんですよ
このパインは芯までたべられるよ??
食べて?
パイン食べたときのイガイガするのがないでしょう
あそこのカブは生でも食べられるんですよ
だからサシミカブ
ちょっとまってね いま切るから?

元ユニクロ八百屋の野菜セレクトショップ
こんなんでやっていけるのか
いってほしい

画像(120x90)・拡大画像(800x600)

この江田島の松井農園さんが作った男のトマト達
箱買いしました
まとめ買い割引であっと驚く値段!!!
江田じ丸も最後の一袋ゲット

画像(90x120)・拡大画像(600x800)

海賊の末裔の実家は着実に廃になってきました
ここまでくると為す術も無い
墓参りし市議さんなどに挨拶し、旦那寺の教法寺さんへお参り
往時の江田島の繁栄を感じる何度来ても素晴らしい寺
前の住職さんちょっとお顔の色が悪そうで心配
エブリデイ新鮮&激安の川上ストアで梅、煮干し、ちりめんを手に入れて目的ほぼたっっっせい

画像(90x120)・拡大画像(600x800)

ARTECO HOUSEに電話してみるとガンボ終わってしまったとのこと
残念ながら今日はパスして倉橋島へ
倉橋島も外れの方にあたる室尾という港町にある北吉鮮魚店を目指す
電話したところ刺身だけしか出来ないとのこと
それでも地の魚が喰えるならありがたい

画像(240x180)・拡大画像(800x600)

このお造り3人前とお通しとウーロン茶で2千円ちょっと
いやいや、すべて常温の刺身ですよ!

画像(120x90)・拡大画像(800x600)

てか、←これ珍味ねって出されたんだけど
イカの子 ちょ???????うまい!
これだけで、この店きた価値合った
濃厚!昇天!!!!!!!

画像(90x120)・拡大画像(600x800)

で、桂浜温泉で極楽
古くからの造船の町
厳島神社の祭に使われる御座船はこの桂浜で作られる
気持ちのいい温泉に浸かり一日の汗を流す

しかし、ここで終わる我々ではありません

画像(240x180)・拡大画像(800x600)
画像(90x120)・拡大画像(600x800)

広島市内までもどり新天地のお好み村にあるえんじゃ
なんど来ても飽きない
このネギたっぷり、イカ天が蒸されてふやけた味、とろりと溶け出す卵
たまらんなぁ????
ここの卵はわざわざ双児卵を取り寄せているのでいつ行っても双子

さすがに日帰りですからこれで打ち止め22時に広島出発2時過ぎに戻りました

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 23時13分

トラックバック>> http://www.wakimoto.org/hideshi/blog/tb.php?ID=1608

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2009

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 powered by a-blog

[Login]


<script type="text/javascript"> document.write(unescape("%3Cscript src='http://e.popin.cc/rainbow80b278f9-1198-41a1-6aac-d2e7e5cbc420.js' charset='utf-8' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));</script>
Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.