倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

2009年04月19日(日)

中津 沁ゆうき [五穀六感 鶴橋]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

嫁同士のつながりで、白金の某割烹時代から付き合いがあるゆうき君が、店をやめて大阪で改めて店に入り数年、一昨年念願かなって自分のお店を持った
ずっと、予約取れずにいた 大阪来てからはいつでも行けると思いついつい月日が、、、、、、
そういえば、
僕はゆうき家で飯ごちそうになったりはあったが、お店でははじめて
てか、店はねた後の酔っぱらいモードで会うことがほとんどで、仕事モードのゆうき君ははじめてかも(笑)
そういう意味では、いろいろと聞かせてくれた料理観、調理人としての心構えなどがどのようにお店に結晶されているか、とても期待していった

画像(120x90)・拡大画像(800x600)
画像(120x90)・拡大画像(800x600)
画像(120x90)・拡大画像(800x600)

もちろん、裏切られることがなかった
カウンターはいっぱいだった 客層はとてもいい感じ
わざわざ遠方から通っている感じの客と地元の客
料理にうるさそうな客とカジュアルな客
ミックス具合がいい店であることを十分に証明している
そして、みなハッピーなバイヴにあふれまくり
一見で小窓から覗いたら、ぜったいに入る店だ

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

居酒屋な品書き(あまりにも豊富な品数!)を見てこれだけでしあわせになれる
そして何を諦めるかという贅沢でつらい選択を迫られる
造里、うに(もちろんミョウバンフリー)うま?い!
原価率の高さたるや。。。。。ちょっと心配になってしまう
いやいや、お客さんが回転している故の強い仕入れなんでしょう
手間の掛かるものが多く、起きている時間のほとんどを店で過ごしていることが容易に想像できる
おいしいタルタルがついてくる(というかタルタルで一品料理です)コロッケで確信

画像(120x90)・拡大画像(800x600)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(800x600)

この客単価の店ではありえない素晴らしい器が次から次へと出てくる
器見てるだけでも楽しいです
同業者がこぞって通うのもわかります

画像(240x180)・拡大画像(800x600)

いままで溜めてきたものを一気にアウトプットする勢いがまだまだあります
でも、
この日、汁物で塩加減のぶれを感じた
体調が悪いか疲れているか
志高い店ゆえに、ゆうき君の身体を心配してしまった

画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)
画像(120x90)・拡大画像(640x480)

僕のように、夕方にならないと晩に食べるものは決めない人間じゃなければ普通に通える店
あるいは、遅い時間ならふりでも入れるとのこと

沁ゆうき(沁の文字に心意気!)
大阪市北区豊崎5丁目7番11号 アベニュー中津1階
06-6375-6770


Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 22時10分

トラックバック>> http://www.wakimoto.org/hideshi/blog/tb.php?ID=1542

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2009

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 powered by a-blog

[Login]


<script type="text/javascript"> document.write(unescape("%3Cscript src='http://e.popin.cc/rainbow80b278f9-1198-41a1-6aac-d2e7e5cbc420.js' charset='utf-8' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));</script>
Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.