倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

2009年03月21日(土)

旅する人たちの結婚式 [倭月愛々]

画像(90x120)

今回の東京訪問の目的の結婚式@目黒のネパール料理MADAL
嫁つながりで知り合ったたまみ姉アミン夫妻のパーティーで新婦だけ面識あった
新婦側はその夫妻の結婚式のためにパキスタンの秘境フンザまでわざわざ行くような方々(嫁ふくむ)なのでその時点でじゅうぶん面白いのだが、その新郎はもっと面白い
二人をつなぐは西表島  新郎は2代続く西表の山系おたく(笑)
知り合いは釣り師からバックパッカーからもう全く持って気を遣う必要のない態の方々
面倒な会話なしに繋がるのか繋がらないのかわかる

画像(90x120)

この10年くらいってレイブとかアートな文脈での旅する人たちとの付き合いが多くて、共感するところも多いのだが、なんともいえない違和感を感じることが結構あったりした
日常が勤め人かとか自営業かとかクリエーターかとか関係なく心の中が日々旅している人っているんだよね
あ、僕のこと? 
根っからの旅する人=狩猟民族の末裔説というステレオタイプもまんざらじゃないのかもってちょっと感じた夜でした
なんかあるよね 血みたいなもの

画像(120x90)

干立で民宿とツアーサービスやっている山下夫妻の三線にのせた謡を聞きながら、八重山にほんとうに呼ばれてるんだわと実感
いやほんと心に響く素敵な演奏有り難う
干立を見下ろす祖納岳の中腹の見晴らし公園行きたいなぁ
コメツキガニと遊びたいなぁ
ホタルに囲まれたいなぁ
オオコウモリのとぼけた顔を眺めていたいなぁ
秋にでも行こうかと

画像(90x120)

写真家佐藤正治さんにもひさびさに会えた ずっと気になっていた結婚祝いに頂いた写真のお礼がやっと出来ました 
ほんとこの人の写真は空気を浄化してくれる不思議な力あり
枕元の壁に飾ってあるのですがほんとうに気持ちいい
ちなみに僕の大好きな池袋のハンバーグ屋oh!wayにも彼の写真が飾ってあってびっくりしたことがある 世間は狭い
今日も結婚祝いにパキスタンのそれはそれは素敵な山の写真を贈られていましたが、見ているだけで気持ちよくなる
葉山も行ってないなぁ

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 00時00分

トラックバック>> http://www.wakimoto.org/hideshi/blog/tb.php?ID=1527

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2009

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 powered by a-blog

[Login]


<script type="text/javascript"> document.write(unescape("%3Cscript src='http://e.popin.cc/rainbow80b278f9-1198-41a1-6aac-d2e7e5cbc420.js' charset='utf-8' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));</script>
Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.