倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

2004年02月08日(日)

妻籠へ [倭月愛々(旧)]

飯田のモーテルに泊まり朝から妻籠宿を目指す。
途中、すっかり雪に埋もれた峠に堀割なる店を発見。
外観からはすげえ美味いか、すげえ凹むかどっちか。
大当たり!
非常に繊細な味付けの料理。
鹿刺しも猪の焼き肉も野趣あふれるおいしさ。
味噌汁が激旨い。
ここのうどんはぜったいうまいはず。

峠超えるともの凄い積雪でどっきり。なんとか1速で乗り切り無事に妻籠宿到着。
思っていた以上に興奮する景色。

宿場を見下ろす光徳寺の境内が雪に覆われ美しい。誰もが雪を踏まないように隅っこを飛び跳ねながら渡っているのが足跡から伺え面白い。
それにしてもお茶目な鬼瓦。

脇本陣 奥谷がすごくよい。
格子窓から差し込む光が炉から立ち上る煙で美しい光線を描く。

広い家の中を講釈士さながらに解説してくれる。
こういう名物おばちゃんの存在が堅苦しくなりがちな史跡案内には必要。
とてもわかりやすく、見落としがちなポイントを立て板に水で説明してくれる。
ほんとうに素敵な建物。

ここまで徹底的に修景されると天晴れ。
こんな雪がぱらつく閑散期でもそこそこの人出だから、暖かくなると混むことであろう。
空いている時をねらって何度でも行ってみたいと思う。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

トラックバック>> http://www.wakimoto.org/hideshi/blog/tb.php?ID=1114

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2004

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 powered by a-blog

[Login]


<script type="text/javascript"> document.write(unescape("%3Cscript src='http://e.popin.cc/rainbow80b278f9-1198-41a1-6aac-d2e7e5cbc420.js' charset='utf-8' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));</script>
Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.