倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

2004年02月07日(土)

味噌作り [倭月愛々(旧)]

温泉から出るとみるみる雪景色。
昨年同様、農園さくらの美沢さんの指導のもと、味噌作り。
まずは大釜の火おこし。この一年でだいぶ火との対話に慣れてきた。

大豆をゆでている間に、五平餅作りが進む。
僕は火の番だったので今年も作り方はわからず。

餅が上がる頃には大豆も良い感じに。
オキを利用して餅を焼く。
素焼きをして味噌などを付けてもう一度焼く。
これが以外と大変。
オキはちょっと油断するとテンション落ちるから大量の餅をまめに見ながら、火加減を調節。

餅が出来たところで、それを主食に豪勢なお昼。
美沢さんの野菜や他の方々が持ち寄った食材で食べきれないほどの料理。
うんま???い。
尾曽さんの作られる料理や梅はほんとうますぎる。

見てるだけでつたわるでしょ。

ゆでた大豆をミンチ機で挽く。

麹と塩を混ぜておいた上に、挽いた大豆を落としてゆきひたすらまんべんなく混ぜる。
結構な重労働。

まぜるまぜるまぜるまぜる。

今年は昨年よりも多い一人4キロ。
かなり大きい味噌玉となる。
これを各自持ち帰り家でしっかりと容器に詰めて熟成。
一年後が楽しみ。

で、一年経った味噌をみんなで持ち寄る。
同じ味噌玉なのに環境でこれほど色も味も熟成度合いも変わるもんなんですね。
ほんとびっくり。
誰でもがはっきりとわかるぐらい味が違う。

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 03時00分

トラックバック>> http://www.wakimoto.org/hideshi/blog/tb.php?ID=1112

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2004

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 powered by a-blog

[Login]


<script type="text/javascript"> document.write(unescape("%3Cscript src='http://e.popin.cc/rainbow80b278f9-1198-41a1-6aac-d2e7e5cbc420.js' charset='utf-8' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));</script>
Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.