倭月愛々

五穀六感〜中目黒、鶴橋、日本、世界の方々に豊かな実りが訪れることを

2004年01月17日(土)

スズナリ [倭月愛々(旧)]

ニューオータニのSATSUKIでピエール・エルメのケーキを満喫して、下北沢へ。どえらい久々のザ・ススナリ。彼女のお供なので関係者席。苦手だなぁ。
Tally-Hoなるユニットの「家族日記」という芝居。天皇が崩御する前後のある茶の間を舞台にしたホームコメディー。無名塾出身の役者が多い。ベテラン含めてみな芝居が上手くて安心して楽しめる。(これすらクリアー出来ないクソ芝居多くて。。。。)客層高い。僕より上、50代くらいまでかな。まぁ小箱の芝居だから身内多いのかも。中島淳彦の脚本がぬるい。コメディーの中に天皇とは、家族とは、のようなセリフがメリハリ的に散りばめられているのだけど、そういうところに来ると役者の言葉が不自然に饒舌になって気持ち悪い。古い戦友の裏切り、甘ったれのバカ息子などなど表面的には健全な家族が崩壊ギリギリの状況を迎えるところで、暗転、当時のニュース音声などがコラージュされてラストへ。家族全員がハッピーに人生ゲームをやっていて、その指示がそれぞれの将来を曖昧に暗示することで、曖昧に全てを解決。(結局なんにも解決していないの)
いまどき「お江戸でござる」くらいでしか見ることが出来ない安心印。
この浮世離れしたハッピーエンドが「安心して楽しめる」ホームコメディーの王道だと考えているのでしょうか。僕にはわからない。箱木宏美さんこの芝居の役作りはうんざりさせられたがかな??り気になる役者さん。鈴木弥生さんのまめな芝居すてき!



この日の五穀六感

Posted by 脇本秀史 aka 倭月(wacky) at 01時00分

トラックバック>> http://www.wakimoto.org/hideshi/blog/tb.php?ID=1109

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2004

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 powered by a-blog

[Login]


<script type="text/javascript"> document.write(unescape("%3Cscript src='http://e.popin.cc/rainbow80b278f9-1198-41a1-6aac-d2e7e5cbc420.js' charset='utf-8' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));</script>
Copyright (C) 2002-2009 倭月(wacky) All rights reserved.